韓国資産家トップはサムスン電子会長!

2013年7月1日(月)、韓国の有力紙である「朝鮮日報」は韓国人資産家のランキングを発表しました。 同紙の報道によると、財閥専門サイトの財閥ドットコムが7月1日までに、韓国の資産家上位400人の財産を評価。

その結果、韓国で富豪といえる1兆ウォン(約868億円)を超える財産を持つ人は28人。中でも飛び抜けての資産家が、サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長でした。

李健熙(イ・ゴンヒ)会長の資産は、サムスン電子などの上場企業と非上場のグループ会社の株式、配当金をはじめ、ソウル市内の自宅や地方の不動産など合計13兆ウォン(約1兆1000億円)。

李健熙会長の妻と子供の資産も、それぞれ1兆ウォン以上で、一家5人の合計資産は実に20兆7790億ウォンに上ります。

次いで、第2位が現代・起亜自動車グループ・鄭夢九(チョン・モング)会長、第3位がサムスン電子・李在鎔(イ・ジェヨン)副会長。

第4位が鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車副会長(3兆4840ウォン)、第5位が辛東彬(シン・ドンビン)ロッテグループ会長(2兆3970億ウォン)でした。

財閥トップの富豪ぶりが目立つランキング結果となりました。

また、1兆ウォン(約868億円)超える財産を持つ28人の内、自力で財産を築いたのは6人。ゲーム会社ネクソンの創業者、金正宙(キム・ジョンジュ)NXC会長(1兆9020億ウォン)が全体11位と最上位でした。

ウォン"

韓国人資産家ランキング トップ5

  • 第1位 サムスン電子・李健熙会長(13兆ウォン)
  • 第2位 現代・起亜自動車グループ・鄭夢九会長(6兆8220億ウォン)
  • 第3位 サムスン電子・李在鎔副会長(3兆8650億ウォン)
  • 第4位 現代自動車副会長(3兆4840億ウォン)
  • 第5位 ロッテグループ・辛東彬会長(2兆3970億ウォン

参考URL