2014年に行きたい国内旅行先ランキングのトップは沖縄県

旅行関連の口コミを掲載している旅行総合情報サイト「フォートラベル」は2014年1月30日(木)、「2014年に行きたい国内旅行先」について調査結果を発表しました。

この「2014年に行きたい国内旅行先」調査は、フォートラベルの会員を対象に2013年12月26日~2014年1月6日の期間で実施。47都道府県+「該当なし」の全48項目の中から、今年行きたい都道府県を択一方式で回答した結果をまとめたもの。有効回答数は1978件です。

さて、2014年に国内旅行で訪れたい都道府県で、最も人気のエリアのトップは「沖縄県」。第2位は「北海道」、第3位は「九州」でした。

都道府県別に見ると、トップはやはり「沖縄県」。石垣島や宮古島などの離島が特に人気で、「のんびり過ごしたい」「リゾートでゆっくりしたい」というコメントが多かったとしています。また、沖縄の美しい海でのマリンアクティビティを目的に旅をしたい人も多かったとしています。

第2位は「北海道」がランクイン。中でも「札幌」が人気。旅行目的としては「グルメ」「自然」「温泉」と多岐にわたり、「さっぽろ雪まつり」「流氷」などの冬限定の風物詩を楽しみにしている人も多かったとしています。

第3位は「京都府」。「寺社巡り」や「花見・紅葉」を楽しみたいとする人が多いとしています。

第4位以降を見ると、第4位に「鹿児島県」、第7位に「長崎県」、第9位に「福岡県」と、九州の3県がランクインしており、九州エリアの人気の高さが伺えます。

2014年に行きたい国内旅行先ランキング(都道府県別) トップ10

  • 第1位 沖縄県
  • 第2位 北海道
  • 第3位 京都府
  • 第4位 鹿児島県
  • 第5位 東京都
  • 第6位 三重県
  • 第7位 長崎県
  • 第8位 長野県
  • 第9位 福岡県
  • 第10位 島根県

参考URL