10年間の企業ブランド評価で、グーグルが総合1位に!

日経リサーチは2013年7月19日(金)、過去10年間のデータに基いて評価した企業ブランドのランキング「ブランドX(テン)」を発表ました。

このランキング「ブランドX(テン)」は、同社の企業ブランド調査「ブランド戦略サーベイ」にて、2003年から2012年まで継続してブランド力を測定した主要277社のデータを多角的に評価したものです。

総合第1位にはグーグルが選ばれました。第2位はアマゾン、第3位は日本マイクロソフト、第4位はヤマト運輸、第5位はアップルジャパンが続きました。

日本マイクロソフトはブランド力の平均値で首位でしたが、グーグルは過去10年間にブランド力が大幅に上昇したことで総合トップとなった。上位5社中4社が外資系IT企業が占める結果となりました。

日本企業ではヤマト運輸が最高の第4位。パナソニック、ユニクロなど6位以下は日本勢。  ヤマト運輸のブランド力は微減したが、10年間高水準を維持したことが高評価につながった。ユニクロはトップ20内の日本企業で唯一、10年前よりブランド力が上昇した。

なお、今回の分析では、10年間を総合的に評価するに当たって各社のブランド力を表す測定スコアの平均値だけでなく、上昇幅や上昇回数というスコアの動きも加味した独自の新指標「企業ブランド・ディケード(BD)指数(Brand decade index)」を開発。その総合スコアを元に、「力」と「勢い」を兼ね備えた企業ブランドのランキングを算出した、としています。

「ブランドX(テン)」BD指数企業ランキング トップ20

※ブランド名の次にある数字は、総合スコア

  • 第1位 グーグル(Google) 1113
  • 第2位 アマゾン 1027
  • 第3位 日本マイクロソフト 890
  • 第4位 ヤマト運輸 844
  • 第5位 アップルジャパン(Apple) 832
  • 第6位 パナソニック 829
  • 第7位 ユニクロ 798
  • 第8位 カゴメ 794
  • 第9位 トヨタ自動車 793
  • 第10位 味の素 790
  • 第11位 森永製菓 788
  • 第12位 TOTO 785
  • 第13位 キューピー 778
  • 第14位 キッコーマン 761
  • 第15位 日清食品 758
  • 第16位 ヤフー(YAHOO!) 732
  • 第17位 永谷園 727
  • 第18位 日本コカ・コーラ 721
  • 第19位 ソニー 717
  • 第19位 シャチハタ 717

参考URL