アメリカで最も面接試験が難しい会社は? 米企業「2013年入社面接試験 難易度ランキング トップ25」

2013年8月9(金)「グラスドア」が、 米企業の「2013年入社面接試験 難易度ランキング トップ25」を発表しました。

この「2013年入社面接試験 難易度ランキング トップ25」(Top 25 Most Difficult Companies To Interview (2013))は、 匿名で企業情報を交換・評価するサイト「グラスドア」(Glassdoor)がまとめたものです。

グーグルやフェイスブックなどのIT企業の他、世界の最も著名なコンサルティング会社や投資銀行の一角であるマッキンゼーやベイン、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、ブラックロックなどがランクインしています。

なお、入社面接プロセスの平均的な長さは23日間にも及ぶそうです。

2013年入社面接試験 難易度ランキング トップ25

  • 第1位 McKinsey & Company
  • 第2位 ThoughtWorks
  • 第3位 Boston Consulting Group
  • 第4位 Gartner
  • 第5位 Bain & Com
  • 第6位 Rolls-Royce
  • 第7位 ZS Associates
  • 第8位 Google
  • 第9位 Stryker
  • 第10位 Hubspot
  • 第11位 Paycom
  • 第12位 Vistaprint
  • 第13位 Teach for America
  • 第14位 P&G Procter & Gamble
  • 第15位 Avaya
  • 第16位 Microsoft
  • 第17位 BlackRock
  • 第18位 Sapient
  • 第19位 Citrix Systems
  • 第20位 NVIDIA
  • 第21位 Informatica
  • 第22位 Facebook
  • 第23位 Guidewire
  • 第24位 Caterpillar
  • 第25位 Rackspace

参考URL