電気機器業界の特許資産規模ランキングのトップ3は昨年同様、パナソニック、東芝、三菱電機

特許分析を行なっているパテント・リザルトは2013年10月10日(木)、独自に分類した「電気機器」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「電気機器 特許資産規模ランキング」を発表しました。

このランキングは、2012年4月1日から2013年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、出願された特許の技術の注目度を指標化した「パテントスコア」を算出。企業の特許総合力をランキング化したものです。

第1位は昨年と同様、パナソニック。注目する特許技術は、「車両に搭載されたカメラで運転者の顔画像を取得し、運転者の状態を検出する運転者監視装置」に関する技術や、「非接触型ICカードの通信を良好にする通信装置」に関する技術など。

第2位は東芝。「書き込みと読み出し間の動作マージンを向上させることが可能な磁気ランダムアクセスメモリ」や「特性や信頼性に優れた不揮発性メモリ」に関する技術などが注目度の高い技術、としています。

第3位は三菱電機。注目度の高い特許には「環境負荷の少ない、安全で効率的な有害ガス処理装置および水処理装置」や「基板の反りによる影響を低減して、精度を向上した加速度センサ」 など。

上位10社の顔ぶれは、昨年度と全く同じで、順位も上位4社までは前年度と同じでした。富士通、日立製作所は前年度より1ランク、NECが2ランクそれぞれランクアップしています

上位10以外の注目企業としては、QUALCOMM、カシオ計算機、村田製作所、ROYAL PHILIPS ELECTRONICSなどが前年度より大きく順位をランクアップしています。

特許資産規模ランキング トップ10 【電気機器業界】

順位 前年
順位
企業名 特許資産
規模
(pt)
登録
件数
1
1
パナソニック275,1708,094
2
2
東芝184,3054,674
3
3
三菱電機170,7904,738
4
4
シャープ127,6863,113
5
6
富士通82,6923,557
6
7
日立製作所75,7662,770
7
9
NEC67,8942,703
8
5
ソニー62,8982,373
9
10
京セラ48,4891,856
10
8
ブラザー工業47,4211,422

参考URL