機械・造船業界の特許資産規模ランキング トップ3はコマツ、三菱重工業、ダイキン工業

特許分析を行なっているパテント・リザルトは2013年10月15日(火)、独自に分類した「コマツ、三菱重工業、ダイキン工業」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「機械・造船 特許資産規模ランキング」を発表しました。

このランキングは、2012年4月1日から2013年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、出願された特許の技術の注目度を指標化した「パテントスコア」を算出。企業の特許総合力をランキング化したものです。

第1位は、昨年第4位だったコマツがランクアップ。注目度の高い特許に、「ハイブリッド作業車両の製造コスト削減に貢献する技術」「機械の異常などを早期に発見できる作業機械の表示装置」に関する技術などがあります。

第2位は、昨年第1位だった三菱重工業。注目度の高い技術として「潜水艦など水中を走行する乗り物に関し、位置測定の誤差を低減するための技術」や「バイオマスを有効利用してクリーンで高効率なガス化を行うことができるバイオマスのメタノール合成システム」などが挙げられています。

第3位は、昨年第2位だったダイキン工業。注目度の高い特許には「耐薬品性や燃料低透過性、リサイクル性に優れる燃料用タンク」「空調機の多翼ファンにおいて、フィルタなどの圧力損失を低減し、十分な風を送ることができる技術」などがあります。

その他、IHIは昨年の第11位から一挙に第5位にランクアップ! 「有価金属を高い濃度で効果的に回収するようにした燃焼設備の金属回収方法」「凝縮器に連結されるターボ圧縮機において、騒音を低減させる技術」などが注目度の高い特許として挙げられています。

特許資産規模ランキング トップ10 【機械・造船業界】

順位 前年
順位
企業名 特許資産
規模
(pt)
登録
件数
1
4
コマツ31,946384
2
1
三菱重工業31,0521,007
3
2
ダイキン工業27,848762
4
3
クボタ17,743596
5
11
IHI11,189564
6
6
三井造船9,926206
7
7
井関農機9,016383
8
10
住友重機械工業8,439274
9
5
川崎重工業8,176267
10
8
日立建機8,064276

参考URL