2013年度全上場企業ホームページ充実度ランキングのトップは2年連続でソフトバンク(株)

日本の5大証券会社の一つの日興アイ・アールは2013年11月21日(木)、「2013年度 全上場企業ホームページ充実度ランキング調査」の結果を発表しました。

同ランキングによると、第1位は2年連続でソフトバンク(株)となりました。次いで第2位は(株)東芝と(株)カプコン、第4位はKDDI(株)、第5位はTDK(株)でした。

また、新興市場ランキングではフィールズ株式会社(JASDAQ)が4年連続で第1位となりました。

「分かりやすさ」「使いやすさ」「情報の多さ」の3つの視点で上場企業のホームページを評価

2003年にスタートした「2013年度 全上場企業ホームページ充実度ランキング調査」は、今年で11回目。

全上場企業のホームページにおける情報開示の充実度調査と、企業の情報開示に対する意識醸成の促進を目的とした調査です。

調査結果は、日本経済新聞デジタルメディア「NEEDS-Cges」(コーポレート・ガバナンス評価システム)の「情報開示・ウェブの充実度」項目における指標判断の一つとして採用されるなど、注目を集めています。

評価項目は、日興アイ・アールが独自の視点で設定し、毎年見直しを行っているとのことですが、今年は「分かりやすさ」「使いやすさ」「情報の多さ」の3つの視点で設定した148の客観的な評価項目に基づき、2013年6月末時点での全上場企業3,556社のホームページについて評価。

そして、評価項目の評点ポイントを平均したものを総合ポイントとして総合ランキング化しています。なお、レイアウト・デザイン・文体等の主観的内容は評価の対象外とのこと。調査期間は、2013年7月~2013年9月です。

日興アイ・アールの公式サイトにて同調査の詳細がアップされています。企業のウェブサイトの動向に興味の有る方は必見です! 

2013年度 全上場企業ホームページ充実度ランキング トップ20

※()内の数字は昨年の順位。企業名の後の数字は、総合ポイント。

  • 第1位 (1) ソフトバンク(株) 92.8
  • 第2位 (2)(株)東芝 91.6
  • 第2位 (5)(株)カプコン 91.6
  • 第4位 (3) KDDI(株) 89.1
  • 第5位 (4)TDK(株) 88.9
  • 第6位 (7)(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ 87.8
  • 第7位 (9) 日本電信電話(株) 86.9
  • 第8位 (6) フィールズ(株) 86.1
  • 第9位 (10)(株)ベネッセホールディングス 85.7
  • 第10位 (21) ソニーフィナンシャルホールディングス(株) 85.0
  • 第11位 (14) アステラス製薬(株) 84.6
  • 第12位 (173)(株)ティーガイア 84.3
  • 第13位 (12) 三菱重工業(株) 83.6
  • 第14位 (11) 日本電気(株) 83.3
  • 第15位 (38)(株)三菱UFJ フィナンシャル・グループ 82.6
  • 第15位 (27) リコーリース(株) 82.6
  • 第17位 (28) 東京海上ホールディングス(株) 82.3
  • 第18位 (141)MS&AD インシュアランスグループホールディングス(株) 82.0
  • 第19位 (16)JXホールディングス(株) 81.8
  • 第20位 (8) 古河スカイ(株) 81.7

参考URL