ビジネスに最適な国・最悪な国ランキングをインタラクティブ地図にマッピング

アメリカの経済誌「フォーブス」の電子版は2013年12月4日(水)2013年版の「ビジネスに最適な国・最悪な国ランキング・マップ」(Map: The Best And Worst Countries For Business)を掲載しました。

2006年以降、フォーブス誌は毎年、世界で最もビジネスしやすい国・最悪な国のランキングを行っています。

同ランキングは、財産権、革新性、税制、テクノロジー、腐敗度、自由度(個人、取引、金融)、官僚主義、投資家保護と株市場パフォーマンスなど11の基準で評価しています。

今年は、フォーブスのサイトのインタラクティブ世界地図で掲載しています。ユーザーは、国名をクリックするだけで、任意の国のビジネスのしやすさ・しにくさを閲覧することができます。

同ランキングを見ると、2013年世界で最もビジネスに最適な国はアイルランドでした。

次いで第2位がニュージーランド、第3位が香港、第4位がデンマーク、第5がスウェーデンとなっています。

ヨーロッパの国々がトップ25の大勢を占めている中、香港が第3位にランクインしていることをはじめ、第7位にシンガポール、第18位に台湾がランクインしています。

日本は?と言えば、なぜか同ランキングにはエントリーされていまん。

なお、ビジネスするのに最悪な国は、第145位のギニアでした。

2013年ビジネスに最適な国 トップ25

  • 第1位 アイルランド
  • 第2位 ニュージーランド
  • 第3位 香港
  • 第4位 デンマーク
  • 第5位 スウェーデン
  • 第6位 フィンランド
  • 第7位 シンガポール
  • 第8位 カナダ
  • 第9位 ノルウェー
  • 第10位 オランダ
  • 第11位 オーストラリア
  • 第12位 イギリス
  • 第13位 ベルギー
  • 第14位 アメリカ合衆国
  • 第15位 アイスランド
  • 第16位 スイス
  • 第17位 スロヴェニア
  • 第18位 台湾
  • 第19位 フランス
  • 第20位 ポルトガル
  • 第21位 ルクセンブルグ
  • 第22位 チリ
  • 第23位 エストニア
  • 第24位 ドイツ
  • 第25位 リトアニア

参考URL