アメリカのベスト職業ランキングの第1位が数学者など、上位に数学的技能を要する職業が並ぶ

アメリカの求人情報サイトのキャリアキャスト・ドットコム(CareeaCast)が先ごろ、「2014年版ベスト職業ランキング」(Jobs Rated 2014)が発表しました。

最も良い職業は数学者。第2位は大学教授(終身在職権付き)、第3位は統計学者でした。

今回、発表されたキャリアキャストの「2014年版ベスト職業ランキング」(Jobs Rated 2014)は、競争の激しさなどの環境、下位・中位・上位の役職ごとの所得水準、所得や就業者数の伸びの見通し、出張や締め切りといったストレス要因の4つの項目を設定した上で、項目ごとに200種類の職業を採点したもの。

キャリアキャストによると、第1位の数学者の年間中位所得は10万1360ドル(約1030万円)。この分野は向こう8年間で23%拡大する見通しとのことです。

第2位の第2位は大学教授(終身在職権付き)の年間中位所得は7万5560ドル。

同ランキングの第1位:数学者、第3位:統計学者は、いずれも数学に関わる職業ですが、さらに第4位の保険数理士(アクチュアリー)は、第8位のコンピューターシステムのアナリストも、やはり数学的技能を要する職業です。

保険数理士やソフトウエア技術者も高収入で、いずれも約9万3000ドルの中位所得を期待できるとしています。

同ランキングの第1位:数学者、第3位:統計学者は、いずれも数学に関わる職業ですが、さらに第4位の保険数理士(アクチュアリー)は、第8位のコンピューターシステムのアナリストも、やはり数学的技能を要する職業です。

一方、200位までのランキング下位、つまり「ワースト職業」には、木材伐採者(第200位)。中位所得はわずか2万4340ドル。

さらに、新聞記者(第199位)、下士官兵(第198位)が並びました。ワースト職業の顔ぶれを見ると、「えっ? この職業が?」と思わず思うような名前も並んでいます。

ベスト職業とその職業の中位所得額

  • 第1位 数学者 10万1360ドル
  • 第2位 大学教授(終身在職権付き) 6万8970ドル
  • 第3位 統計学者 7万5560ドル
  • 第4位 保険数理士 9万3680ドル
  • 第5位 聴覚訓練士 6万9720ドル
  • 第6位 歯科衛生士 7万0210ドル
  • 第7位 ソフトウエア技術者 9万3350ドル
  • 第8位 コンピューターシステム・アナリスト 7万9680ドル
  • 第9位 作業療法士 7万5400ドル
  • 第10位 言語聴覚士 6万9870ドル

ワースト職業とその職業の中位所得額

  • 第200位 木材伐採者 2万4340ドル
  • 第199位 新聞記者 3万7090ドル
  • 第198位 下士官兵 2万8840ドル
  • 第197位 タクシー運転手 2万2820ドル
  • 第196位 アナウンサー 5万5380ドル
  • 第195位 コック長 4万2480ドル
  • 第194位 客室乗務員 3万7240ドル
  • 第193位 ゴミ収集人 2万2970ドル
  • 第192位 消防士 4万5250ドル
  • 第191位 刑務官 3万8970ドル

参考URL