2014年のブランド価値の世界ランキングのトップは、昨年と同じくアップル!

イギリスのブランドコンサルティング会社のインターブランド(Interbrand)は2014年10月9日(木)、グローバルブランドの価値評価をランキング化した「世界の企業のブランド価値2014ランキング」(Best Global Brands 2014)を発表しました。

第1位は昨年と同様、アップル(Apple)がトップの座をキープ。第2位も、昨年と同じくグーグル(Google)がランクインしましたが、アップルとグーグルの差は、さらに広がる結果となりました。

第3位も、昨年と同じくコカ・コーラ(Coca-Cola)がランクインしました。

インターブランドは、1974年、ロンドンで設立された世界最大級のブランドコンサルティング会社です。ブランドを“Living business asset”(常に変化するビジネス資産)と定義した上で世界に約40のオフィスを拠点に展開しています。

今回の発表で第15回目となる「世界の企業のブランド価値ランキング」(Best Global Brands)は、インターブランド(Interbrand)が、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの3極でビジネスを展開し、本国以外の国での売上が全体の30%以上を占めるグローバルブランドを対象としたものです。

証券アナリストの予測に基づく「財務分析」、消費者の購買行動に与えるブランドの影響力を数値化した「ブランドの役割分析」、ブランドによる利益の確実性を数値化した「ブランド力分析」という3つの観点から、ブランドによって企業にもたらされる利益を金額換算してランキング化していることが特徴です。

さて、トップとなったアップル(Apple)のブランド価値の評価額は、昨年に比べて21%もアップした1188億8630万ドル。

一昨年第4位、昨年は第2位、そして今年も第2位となったグーグル(Google)のブランド価値の評価額は、昨年に比べて15%アップした1074億3900万ドル。前年の933億ドルより数字を伸ばしていますが、アップル(Apple)との差は、さらに広がっています。

第3位のコカ・コーラ(Coca-Cola)のブランド価値の評価額は815億6300万ドル。

以下、第6位までは昨年と同じ顔ぶれとなっています。昨年第7位だったマクドルド(McDonald)は第9位にランクダウン。

一方、昨年第10位だったトヨタは、今年第8位へとランクアップしています。

日本企業のトップは第8位トヨタ。以下、ホンダが第20位、キヤノンが第37位、ソニーが第52位、日産が第56位にランクインしています。

ブランド価値の世界ランキング2014 トップ10

  • 第1位 アップル(Apple) 1188億8630万ドル
  • 第2位 グーグル(Google) 1074億3900万ドル
  • 第3位 コカ・コーラ(Coca-Cola) 815億6300万ドル
  • 第4位 IBM 722億44万ドル
  • 第5位 マイクロソフト 611億5400万ドル
  • 第6位 ゼネラル・エレクトリック(GE) 454億8000万ドル
  • 第7位 サムスン電子 396億ドル
  • 第8位 トヨタ 423億9200万ドル
  • 第9位 マクドナルド 422億5400億ドル
  • 第10位 メルセデスベンツ 343億3800億ドル

参考URL