アメリカの経済誌「フォーブス」の電子版は2016年5月11日(水)、「2016年版世界の最も価値あるブランド」ランキングを発表しました。

同ランキングによると、今回もアップルが依然として首位を維持。アップルのブランド価値は、第2位のグーグルより87%多い1,541億ドル(約16兆7,969億円)としています。

2016年世界で最も企業価値のあるブランドのトップは、依然としてアップル

フォーブスの「2016年版世界の最も価値あるブランド」は、世界各国200以上のブランドを対象に、過去3年間の税引き前利益と売上高を精査。そして、業界において果たす役割に基づいた割合、過去3年間の平均株価収益率を加味して、最終的なブランド価値を算出したもの。

同ランキングで第1位となったアップルの売上高は、中国など各国市場でiPhoneの販売が伸び悩んだだめ、今年第2四半期(1-3月期)に前年同期比13%減の506億ドル(約5兆5,154億円)。ップルの株価は12か月前に記録した過去最高値から30%ほど下落しています。

売り上げが減少しているにも関わらず、アップルのブランド価値は、「ブランドの価値は、顧客の受け止め方次第で決まる」「企業の側からいえば、ブランドの価値を高めるのは顧客がその製品に高額を支払うのか、購入してくれるかどうかだ」という点から、高いと評価されたようです。

第2位はブランド価値が825億ドルと評価されたグーグル、第3位は752億ドルと評価されたマイクロソフト、第4位は585億ドルのコカ・コーラ、そして第5位は526億ドルのフェイスブック。

中でも、フェイスブックのブランド価値は前年比で44%も上昇。フェイスブックのアクティブユーザーは、世界で16億5,000万人に達しているそうです。

今回のランキングでトップ100に入ったブランドは19業種に及んでおり、それぞれの拠点は16か国に及んでいます。国別に見ると、アメリカのブランドは52社で、トップ100の約半数を占めています。次いでドイツが11社、日本が8社、フランスが6社でした。

なお、各ブランドの価値は平均すると、2015年に比べて6%増加。100社のブランド価値の合計は18兆ドルに及んでいます。

2016年世界で最も企業価値のあるブランドは? 2016年版世界の最も価値あるブランド by フォーブス

フォーブスの「2016年版世界の最も価値あるブランド」ランキング トップ25

  • 第1位 アップル
  • 第2位 グーグル
  • 第3位 マイクロソフト
  • 第4位 コカコーラ
  • 第5位 フェイスブック
  • 第6位 トヨタ
  • 第7位 IBM
  • 第8位 デズニー
  • 第9位 マクドナルド
  • 第10位 GE
  • 第11位 サムソン
  • 第12位 アマゾン
  • 第13位 AT&T
  • 第14位 BMW
  • 第15位 Cisco
  • 第16位 オラクル
  • 第17位 インテル
  • 第18位 NIKE
  • 第19位 ルイヴィトン
  • 第20位 メルセデスベンツ
  • 第21位 ベライゾン(アメリカ国最大手の電気通信事業者)
  • 第22位 ウオールマート
  • 第23位 ホンダ
  • 第24位 アメリカン・エクスプレス
  • 第25位 バドワイザー

参考URL