レストラン業界の専門家が選ぶアジアでベストなレストランのランキング!

「2015年度アジアのベストレストラン50」(Asia’s 50 Best Restaurants 2015)の授賞式が2015年3月9日(月)、シンガポールで開催されました。

今年で3回目を迎える「アジア50ベストレストラン」は、アジア各地のレストラン業界専門家の得票で、アジアのベストレストランをランキングしたものです。

具体的には、世界を26の地域に分け、それぞれの地域ごとのトップシェフ、フードライター、レストランオーナーや美食家などレストラン業界で影響力を持つ食の専門家たちで「ベスト・レストラン50アカデミー」を編成。 これらの専門家たちが実際に各レストランを訪れて食体験を評価・投票することでランキングが決まります。

2013年は東京・南青山にあるフレンチレストランの「Narisawa」が第1位に輝いています。

2014年はバンコクのメトロポリタン・バンコク内にあるタイ料理店「Nahm」が第1位。

そして2015年アジアでベストなレストランと評価されたのは、2014年は第3位にランクインしたタイ・バンコクのインド料理レストラン「Gaggan」(ガガン)でした。

「Gaggan」は、カルカッタ出身のシェフ、ガガン・アナンド氏が超モダンな要素を加えたインド料理料理を提供するレストラン。タイの王室、そしてセレブや国際的な美食家達から支持を受けています。

第2位は、昨年に引き続き「Narisawa」がランクイン。フレンチ料理に日本食材を巧みに融合させる技は毎年、高く評価されているようです。

第3位は、中国・上海の外灘にある「Ultraviolet by Paul Pairet」でした。

ベスト50の顔ぶれを見ると、中国が最多の16レストランがランクイン。次いでシンガポールの10レストラン、そして日本の8レストランがランクインしました。

2015年度アジアのベストレストラン50 トップ30

  • 第1位 Gaggan(タイ・バンコク)
  • 第2位 ナリサワ(Narisawa)(日本・東京)
  • 第3位 Ultraviolet by Paul Pairet(中国・上海)
  • 第4位 龍吟(Ryugin)(日本・東京)
  • 第5位 Restaurant Andre(シンガポール)
  • 第6位 Amber(香港)
  • 第7位 Nahm(タイ・バンコク)
  • 第8位 8 1/2 Otto e Mezzo Bombana(香港)
  • 第9位 Waku Ghin(シンガポール)
  • 第10位 Jungsik(韓国・ソウル)
  • 第11位 Jaan(シンガポール)
  • 第12位 L’effervescence(日本・東京)
  • 第13位 Les Amis(シンガポール)
  • 第14位 Hajime(日本・大阪)
  • 第15位 Fook Lam Moon(香港)
  • 第16位 Fu1015(中国、上海)
  • 第17位 L’atelier De Joel Robuchon Hong Kong(香港)
  • 第18位 Iggy’s(シンガポール)
  • 第19位 Fu He Hui(中国・上海)
  • 第20位 Lung King Heen(香港)
  • 第21位 Mr And Mrs Bund(中国・上海)
  • 第22位 Indian Accent(インド・ニューデリー)
  • 第23位 Robuchon Au Dome(マカオ)
  • 第24位 Tenku Ryugin(中国・香港)
  • 第25位 Eat me(タイ・バンコク)
  • 第26位 Le Mout(台湾・台中)
  • 第27位 Ryunique(韓国・ソウル)
  • 第28位 Bo Innovation(香港)
  • 第29位 Wasabi by Morimoto(インド・ムンバイ)
  • 第30位 Burnt Ends(シンガポール)

参考URL