2013年、日本で一番肌がキレイな都道府県のトップは、2年連続で島根県!

先ごろポーラは美肌力を都道府県別にランキングする「美肌県」グランプリの総合結果を発表しました。

一般的に美肌が多いと言われている東北ですが、同調査によると、2013年の日本で一番美しい肌を持つ女性が多いのは島根県。次いで第2位は石川県、第3位は高知県でした。

この「美肌県グランプリ」は、2012年10月1日~2013年9月30日の期間、ポーラの店頭やサロンなどでスキンチェックを受けた女性69万8591人の肌の状態を6部門にわけて分析。

それぞれの偏差値から全国47都道府県の「美肌偏差値」を算出してランキング形式にまとめたものです。

美肌を保ちやすい環境条件が大事?

島根は昨年度も同調査の第1位を獲得しており、2年連続で美肌県の座を掴んだことになります。

ポーラによると、島根県は「大気中の水蒸気量(水蒸気密度)が全国9位と高く、日照時間が全国11位と短いため、美肌を保ちやすい環境条件が揃っている」としています。

また生活習慣・体調アンケートにより、喫煙率が全国で最も低かったことも美肌に導いた要因の一つ、としています。

第2位の石川県も降水量が全国で1番多く、うるおいを保ちやすい環境です。日照時間も全国で13番目に短いため紫外線の影響をうけにくい環境条件で6部門すべてが上位10位以内に入る好成績でした。

四国勢の健闘ぶりも目立ちします。トップ10内に入った県は、高知の第3位をはじめ、香川(第8位)、愛媛(第10位)。徳島県はトップ10入りは逃したものの全国第14位。

四国に美肌の人が多い理由について、ポーラは「年間を通じて温暖であり、空気中の水分量“水蒸気密度”が高い傾向にあるため」と分析しています。

ことに第2位の高知は、美肌の基準となる6部門のうち、「角層細胞が整っている」「シワができにくい」「肌がうるおっている」「ニキビができにくい」の4部門で首位を獲得。

残りの「シミができにくい県」「肌がうるおっている県」で首位を獲得したのは秋田県でした。色白美肌で名高い“秋田美人”の実力を示しています。

ポーラのサイトでは、総合年間ランキングをはじめ、「角層細胞が整っている県」「シワができにくい県」「シミができにくい県」「ニキビができにくい県」「肌がうるっている県」「キメが整っている県」などの部門別ランキング、美肌を保つ秘訣などが掲載されています。

ポーラの「美肌県」グランプリ総合結果 トップ30

※県名の後の数値は、美肌偏差値。

  • 第1位 島根県 71.5
  • 第2位 石川県 69.3
  • 第3位 高知県 68.6
  • 第4位 富山県 66.4
  • 第5位 山形県 62.4
  • 第6位 宮城県 61.7
  • 第7位 東京都 60.9
  • 第8位 香川県 59.7
  • 第9位 山梨県 58.8
  • 第10位 愛媛県 57.3
  • 第11位 兵庫県 57.3
  • 第12位 岡山県 57.2
  • 第13位 新潟県 56.5
  • 第14位 徳島県 56.2
  • 第15位 鳥取県 55.8
  • 第16位 秋田県 54.3
  • 第17位 岩手県 53.8
  • 第18位 青森県 53.6
  • 第19位 三重県 51.7
  • 第20位 埼玉県51.5
  • 第21位 北海道 50.8
  • 第22位 宮崎県 50.8
  • 第23位 長崎県 50.8
  • 第24位 大阪府 50.3
  • 第25位 沖縄県 50.1
  • 第26位 神奈川県 49.4
  • 第27位 和歌山県 49.2
  • 第28位 熊本県 48.8
  • 第29位 千葉県 48.1
  • 第30位 福島県 47.5

参考URL