現在、世界で最もITが普及している国は韓国!

電気通信に関する国連の専門機関・国際電気通信連合は2013年10月7日(月)、国・地域ごとのITの普及度を調査したレポート、「ITランキング」(Measuring the Information Society 2013)を発表しました。

国際電気通信連合(ITU:International Telecommunication Union)は、無線通信と電気通信分野で各国間の標準化と規制の確立を目的とした国連の専門機関。本部はスイスのジュネーブにあります。

国際電気通信連合では、毎年、携帯電話やインターネット、それに高速大容量のデータ通信=ブロードバンドの普及率などを数値化して国や地域のITの普及度合いをランキングとして発表しています。

この調査結果を見ると、ランキング第1位は3年連続で韓国でした。インターネットを利用できる世帯の割合は97%強と最も高く、幼いころからITに親しむ「デジタルネイティブ」の割合も高いことが理由に挙げらています。

次いで第2位はスウェーデン、第3位はアイスランド、第4位はデンマーク、第5位がフィンランド、第6位がノルウェーと、ブロードバンドの普及率が高い北欧の国が上位を占めています。

さて、日本は?と言えば、総合的な得点では去年を上回ったものの、国別の順位では去年の8位から12位に後退しています。

その一方、無線を利用したブロードバンドの普及率が大幅に伸びたオーストラリアが15位から11位、イギリスも11位から8位にランクアップ。日本を追い抜いています。

「Measuring the Information Society 2013」のインフォグラフィックス

MIS 2013

「ITランキング」(Measuring the Information Society 2013)トップ30

  • 第1位 韓国
  • 第2位 スウェーデン
  • 第3位 アイスランド
  • 第4位 デンマーク
  • 第5位 フィンランド
  • 第6位 ノルウェー
  • 第7位 オランダ
  • 第8位 イギリス
  • 第9位 ルクセンブルク
  • 第10位 香港
  • 第11位 オーストラリア
  • 第12位 日本
  • 第13位 スイス
  • 第14位 マカオ(中国)
  • 第15位 シンガポール
  • 第16位 ニュージーランド
  • 第17位 アメリカ
  • 第18位 フランス
  • 第19位 ドイツ
  • 第20位 カナダ
  • 第21位 オーストリア
  • 第22位 エストニア
  • 第23位 アイルランド
  • 第24位 マルタ
  • 第25位 ベルギー
  • 第26位 イスラエル
  • 第27位 スペイン
  • 第28位 スロベニア
  • 第29位 バルバドス
  • 第30位 イタリア

参考URL