「通信品質」と「提供サービス」で最も高い評価を得たBBIQがトップに!

顧客満足度(CS)に関する国際的な調査・コンサルティング会社である(株)J.D. パワー アジア・パシフィックは2014年2月19日(水)、「2014年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」ランキングの結果を発表しました。

今回の「固定ブロードバンド回線サービスの顧客満足度」ランキングは、固定のブロードバンド回線サービス(FTTH、CATV)を家庭で利用している20~64歳男女を対象に今回、初めて行われたもの。

具体的には、2013年12月にインターネット調査を行い、計5,200人から回答を得たとしています。

同調査結果によると、調査対象となった10サービス中、トップとなったのはBBIQ(585ポイント)でした。

BBIQは「通信品質」と「提供サービス」の2つのファクターで最も高い評価を得ています。

次いで、第2位はeo光、第3位はUCOMでした。

固定ブロードバンド回線サービスの選定理由としては、「加入時のキャンペーンがよかった」「月々の利用料金が安かった」といったコスト面を挙げる人が多く、コストは加入という局面では大きなフックとなっている、としています。

しかしながら、加入後は「通信品質」「提供サービス」「サポート対応」といった要素が重要とコメントしています。

つまり、加入後も継続してサービスを利用してもらうためには、コストよりも「通信品質」や「提供サービス」といったサービス内容やサポートを強化していくことが求められる、としています。

サーバー

By: Robert

2014年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度ランキング

  • 第1位 BBIQ光インターネット 585ポイント
  • 第2位 eo光 577ポイント
  • 第3位 UCOM 573ポイント
  • 第4位 メガ・エッグ光ネット 570ポイント
  • 第5位 コミュファ光 568ポイント
  • 第6位 ピカラ光ねっと 562ポイント
  • 第7位 J:COM NET 561ポイント
  • 第8位 auひかり 551ポイント
  • 第9位 フレッツ光(NTT西日本) 550ポイント
  • 第10位 フレッツ光(NTT東日本) 539ポイント

参考URL