世界で最も健康な国ランキング by ブルームバーグ

2012年8月15日、アメリカの大手総合情報サービス会社「ブルームバーグ」(Bloomberg L.P.)は、「世界で最も健康な国々」(THE WORLD’S HEALTHIEST COUNTRIES)と題するランキングを発表しました。

このランキングは、各国の「健康度」を、14歳以下、15~64歳、65歳以上の年齢グループ別の死亡率、喫煙率、飲酒率、肥満度、あるいは血中コレステロール値や血圧、大気汚染度などを組み合わせて、健康スコアやリスク・スコアなどを求めて点数化したもの。

国連や世界銀行、世界保健機関(WHO)のデータを基にしており、データが不十分な国は除かれています。

このランキング調査によると、 1位はシンガポール、2位はイタリア、3位はオーストラリア、4位はスイス、そして日本が5位でした。

先進国のうち最も順位が低いのはアメリカで33位。そのほかの主要国としては韓国は29位、中国は55位、ロシア97位となっています。最下位の145位はアフリカ南部のスワジランドでした。

singapore
singapore / Jonathan Choe

世界で最も健康な国ランキングトップ10(総合点)

  • 1位  シンガポール(92.52%)
  • 2位  イタリア(94.61%)
  • 3位  オーストラリア( 93.19%)
  • 4位  スイス(93.47%)
  • 5位  日本(91.08%)
  • 6位  イスラエル( 91.97%)
  • 7位  スペイン(91.26%)
  • 8位  オランダ(88.40%)
  • 9位  スウェーデン(89.37%)
  • 10位 ドイツ(88.81%)

参考URL

Bloomberg(ブルームバーグ)の公式サイト
Bloomberg(ブルームバーグ)の公式サイトに詳細なランキングがPDFファイルでアップされています。