総合ランキングで「楽天市場」が前回に続きトップに! / 2013年6月28日(金)

日経BPコンサルティングは2013年6月28日(金)、インターネットユーザーが国内500のWebサイトを評価する「Webブランド調査2013-春夏」の結果を発表しました。

このWebブランド調査は、企業や団体が運営する日本の主要500サイトについて「アクセス頻度」、Webサイトの使いやすさである「サイト・ユーザビリティ」、会員登録や商品購入などサイト内で実際に行われた行動「コンバージョン」、Webサイトへの意識やリピート意向「サイト・ロイヤルティ」、サイト運営者のイメージや購入意向への影響「態度変容」、Webサイト以外での行動誘発「波及効果」の6つの要素をインターネットユーザーが評価。

この「Webブランド調査」は半年ごとに実施しており、回答者は毎回3万人以上という日本国内のWeb評価調査としては最大規模で、今回の調査期間は2013年4月10日~22日、有効回答数は36,709サンプルでした。

サイト外への“送客力”「波及効果指数」がアップした「楽天市場」

さて、今回のWebサイトの支持・満足度をもとにサイトのブランド力を評価する「Webブランド指数ランキング」の第1位は「楽天市場」。前回(12年10月実施)に続きトップを維持しており、第2位は前回3位の「Yahoo!JAPAN」、第3位は前回4位の「Google」という結果となりました。

第1位の「楽天市場」は、前々回(12年4月)からスコアの上昇が続き、今回はサイト外での行動を測る「波及効果指数」が上昇。これは他サイトや店舗での製品購入・サービス申込、クチコミの増加によるもの。一方、自サイト内の行動を測る「コンバージョン指数」は低下しました。

第2位の「Yahoo! JAPAN」は1年半前の調査(2011年10月)からスコアの下降が続き、「楽天市場」との差が広がっています。

第3位の「Google」はWebブランド指数が微増でしたが、製品・サービスの購入・導入意向やサイト運営者のイメージへの影響が好調で、特に「態度変容指数」が伸びました。

4位の「Amazon.co.jp」は、Webブランド指数が18.2ポイント減と大幅に低下しているという結果となりました。

一般企業首位のサントリーをキリンビールが猛追

また、 ネット専業除いた一般企業に限定した「Webブランド指数ランキング」で第1位となったのは、前回に続き「サントリー」の企業サイトでした。スコアは前回より6.9ポイント低下し、総合ランキングでは第9位。

一般企業サイト中第2位は「キリンビール」。スコアは11.8ポイントと急上昇し、「スコア上昇ランキング」(表2)第1位という結果でした。

Webブランド指数全体ランキング トップ10

※数値はWebブランド指数

  • 第1位 楽天市場 121.6
  • 第2位 Yahoo! JAPAN 111.4
  • 第3位 Google 106.4
  • 第4位 Amazon.co.jp 98.7
  • 第5位 ECナビ 96.2
  • 第6位 価格.com 86.7
  • 第7位 YouTube 84.6
  • 第8位 Wikipedia 79.7
  • 第9位 サントリー 77.8
  • 第10位 KIRIN_キリンビール 76.0

一般企業のみ(ネット専業企業除く) Webブランド指数ランキング トップ10

※数値はWebブランド指数

  • 第1位 サントリー 77.8
  • 第2位 KIRIN_キリンビール 76.0
  • 第3位 McDonald’s Japan 73.4
  • 第4位 CLUB Panasonic
  • 第5位 東京ディズニーリゾート 69.9
  • 第6位 ANA 69.4
  • 第7位 日本郵便 68.9
  • 第8位 LAWSON | ローソン 68.7
  • 第9位 アサヒビール 68.5
  • 第10位 ヤマト運輸 68.0

参考URL