自然災害で影響を受ける人が多い、世界で最も危険な都市は、東京-横浜の地域!

スイスの再保険会社、スイス・リーは2013年9月18日(水)、世界の616の大都市の人口17億人が直面する自然災害リスクをベンチマークした最新レポート「自然災害リスクの高い都市ランキング」を発表しました。

都市部が自然災害に襲われた場合、何百万人もの人々の生活が混乱し、経済的な影響が極めて甚大なものとなる可能性があります。

今回の調査によると、アジアの沿岸都市が特に破壊的な洪水、嵐、高潮、地震、津波などのリスクにさらされていることが判明。そして、東京-横浜地域の約2,900万人の人々は大地震の影響を受ける可能性がある、と警告しています。

そして、河川の氾濫、高潮、津波、暴風、地震などの自然災害をすると、東京-横浜地域が、世界で最も危険な都市地域であることが判明。

次いで、マニラ、中国の珠江デルタが続きます。アジア以外では、ロサンゼルスが最もリスクが高いとランクされました。

都市の回復力を向上させるためには、物理的な防災対策および財務上の保障確保の両方が必要、としています。

自然災害リスクの高い都市ランキング トップ10

  • 第1位 東京-横浜(日本) 5710万人
  • 第2位 マニラ(フィリピン) 3460万人
  • 第3位 珠江デルタ(中国)  3450万人
  • 第4位 大阪-神戸(日本)  3210万人
  • 第5位 ジャカルタ(インドネシア)  2770万人
  • 第6位 名古屋(日本)  2290万人
  • 第7位 コルカタ(インド)  1790万人
  • 第8位 上海(中国)  1670万人
  • 第9位 ロサンゼルス(米国)  1640万人
  • 第10位 テヘラン(イラン)  1560万人