世界の繁栄指数ランキング、トップはノルウェー。日本は21位に!

イギリスのレガタム研究所は2013年10月29日(火)、世界142の国を対象とした「レガタム繁栄指数」(The Prosperity Index)の2013年版ランキングを発表しました。

今年で7年目を迎えたレガタム繁栄指数は、「世界で幸せな国ランキング」とも呼ばれており、「経済」「起業家精神」「政治状況」「教育」「健康」「安全・セキュリティ」「個人の自由」「社会資本」の合計8カテゴリー、89項目を評価してランク付けしたものです。

1人あたりの国内総生産量、安定した政治機関や治安の良さ、表現の自由、良質な教育や医療保険など、裕福かどうかだけではなく、国民の豊かさ・幸福度を示す指標です。

さて総合首位はノルウェー。世界で最も繁栄した国としての地位を5年連続でキープしています。

次いで第2位はスイス、第3位はカナダ、第4位はスウェーデン、第5位はニュージーランド、第6位はデンマーク(6位)でした。

アメリカは第11位。経済カテゴリーでは24位となっています。

イギリスは2012年の第13位から第16位へとランクダウンしています。。経済カテゴリーは第28位で、「仕事を探しやすい」と考えているイギリス人は10%と、かなり低い数字です。

日本は第22位から第21位にランクアップ。日本は、経済カテゴリーが第5位、健康カテゴリーが第6位と評価が高いものの、「個人の自由」カテゴリーでは第48位とかなり低くなっています。

ちなみに、日本は2009年が第19位、2010年は第18位、2011年は第21位でした。

アジア地域の総合評価を見ると、シンガポールが第18位、香港が第19位、次いで日本が第21位、台湾が第22位、韓国が第26位、マレーシアが第44位、中国が第51位となっています。

レガタム繁栄指数ランキング 2013年 トップ30

  • 第1位 ノルウェー
  • 第2位 スイス
  • 第3位 カナダ
  • 第4位 スウェーデン
  • 第5位 ニュージーランド
  • 第6位 デンマーク
  • 第7位 オーストラリア
  • 第8位 フィンランド
  • 第9位 オランダ
  • 第10位 ルクセンブルク
  • 第11位 アメリカ
  • 第12位 アイルランド
  • 第13位 アイスランド
  • 第14位 ドイツ
  • 第15位 オーストリア
  • 第16位 イギリス
  • 第17位 ベルギー
  • 第18位 シンガポール
  • 第19位 香港
  • 第20位 フランス
  • 第21位 日本
  • 第22位 台湾
  • 第23位 スペイン
  • 第24位 スロベニア
  • 第25位 マルタ
  • 第26位 韓国
  • 第27位 ポルトガル
  • 第28位 アラブ首長国連邦
  • 第29位 チェコ
  • 第30位 ウルグアイ

参考URL