2013年女子中高生の流行語第1位は「倍返し」。流行したモノ・コトは「LINE」

サイバーエージェントは2013年11月26日(火)、現役女子中高生486名を対象に実施したアンケート調査の結果を「JCJK流行語ランキング」として発表しました。

このランキングは、サイバーエージェントが運営する女子中高生を中心とした10代向けブログ&コミュニティ「Candy」で、現役のJCJK(女子中高生)486名に「2013年に流行した言葉、「2013年に流行したモノ・コト」についてアンケートを実施した結果をまとめたもの。

調査期間は2013年11月13日(水)~15日(金)です。

2013年に流行した言葉 トップ8

「2013年に流行した言葉」の第1位には、最終回に42.2%の高視聴率を記録した大ヒットドラマ「半沢直樹」のセリフがランクイン。

ドラマの影響は、女子中高生世代の間にも広がっているようです。

第2位は「今でしょ」。そして第3位の「あーね」、第5位の「それな」などのワードは、全世代・別世代を対象とした「流行語」などでは見られない、JCJKならではの流行語。

「Candy」&「JCJK総研」では、『あーね』や『それな』は、リアルでもSNSでも便利な言葉。1人で複数のSNSを使い分けるなどコミュニケーションの形が変わりつつある中、会話における相槌や反応についても自然と変化が起きている、と分析しています。

  • 第1位 「倍返しだ」(115票)
  • 第2位 「今でしょ」 (76票)
  • 第3位 「あーね」(56票)
  • 第4位 「激おこぷんぷん丸」(56票)
  • 第5位 「それな」(47票)
  • 第6位 「じぇじぇじぇ」(46票)
  • 第7位 「梨汁ブシャー」(32票)
  • 第8位 「おつ」(26票)

2013年に流行したモノ・コト トップ8

一方、「2013年に流行したモノ・コト」ランキングの第1位は「LINE」。

次いで第2位は「ふなっしー」、第3位は「Twitter」でした。

第5位に「ツイキャス」がランクインするなど、、SNSに関するトピックスが多数あります。

また、第4位の「進撃の巨人ごっこ」、第6位の「マカンコウサッポウ」も、ユニークな構図で撮影した写真がSNSやネットで拡がったことで人気の原因。

今やJCJKの多くがスマートフォンユーザーということもあり、コミュニケーションにも遊びにも、SNSを上手に活用している女子中高生たちの様子が伺える結果となっています。

  • 第1位 「LINE」(246票)
  • 第2位 「ふなっしー」(133票)
  • 第3位 「Twitter」(31票)
  • 第4位 「進撃の巨人ごっこ」(22票)
  • 第5位 「ツイキャス」(13票)
  • 第6位 「マカンコウサッポウ」(12票)
  • 第7位 「デイジー柄」(11票)
  • 第8位 「ディレクター巻き」(10票)

参考URL