睡眠時間が、多い職業と少ない職業 ランキング(インフォグラフィック)

ハフィントンポストは2013年12月5日(木)、「睡眠時間が、多い職業と少ない職業 ランキング(インフォグラフィック)」という記事を掲載しています。 この記事は、

「勤務者の疲労が深刻な業界を調べる為に、マットレスのメーカーであるSleepy社は、アメリカ疾病管理予防センター (CDC) が2012年に行った国民の健康に関する聞き取り調査のデータ (現在入手できる最新のデータ) を分析した。そして、勤務者の睡眠の充足度に基づき、ワーストな職業とベストな職業を上位20位まで順位付けした。

とあります。同ランキングは、あくまでアメリカの職業についてのランキングですが、日本だとどのような職業が、一番、睡眠時間が少ないか? ちょっと興味がそそられますね! なお、通常の成人が必要とする一日の睡眠時間は、7時間から9時間です。

睡眠時間が少ない職業のランキング

※睡眠時間が短い順。

  • 第1位 在宅医療助手(Home Health Aides)
  • 第2位 弁護士(Lawyers)
  • 第3位 警察官(Police Officers)
  • 第4位 内科医/救急救命士(Physicians/Paramedics)
  • 第5位 経済学者(Economists)
  • 第6位 社会福祉士(Social Workers)
  • 第7位 コンピュータプログラマ(Computer Programmers)
  • 第8位 財務アナリスト(Financial Analysts)
  • 第9位 プラントオペレーター(Plant Operators)
  • 第10位 秘書(Sceretaries)
  • 第11位 教師(Teachers)
  • 第12位 パイロット(Aircraft Pilots)
  • 第13位 技術者(Engineers)
  • 第14位 造園家(Landscapers)
  • 第15位 アスリート(Athletes)
  • 第16位 建設労働者(Construction Workers)
  • 第17位 バーテンダー(Bartenders)
  • 第18位 営業担当員(Sales Representatives)
  • 第19位 ヘアースタイリスト(Hairstylists)
  • 第20位 林業労働者(Forest/Logging Wokers)

参考URL