世界で最も生活費ランキングのトップは、東京を抜いてシンガポールが第1位に!

イギリスの国際経済誌「エコノミスト」(The Economist)の調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニットは2014年3月4日(火)、「世界の都市の生活費調査2014」を発表しました。

エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU: Economist Intelligence Unit)は、国際企業のトップマネージメントを対象に、ビジネスに影響を及ぼす世界各国の政治経済やその予測、カントリーリスク、地域ビジネス概要、ビジネス諸問題に関する調査レポートなどを出版しています。

同調査は、企業が駐在員の海外滞在手当を算出する際の参考用に年2回実施されています。

さて、今回発表された「世界の都市の生活費調査2014」(Worldwide Cost of living index 2014)ランキングは、世界131の都市を対象に食料品、衣料品、日用品、家賃、教育費など160種類の品目やサービスの価格を調査。アメリカのニューヨーク市の生活費を基準として指数化・ンキング化したもの。

同ランキングによると、世界で最も生活費が高い都市は、前回第1位だった東京を抜いて、シンガポールでした。

シンガポールは、富の増加と外国人の流入で住宅価格は高騰。シンガポール・ドルは過去10年に35%以上も上昇しており、平均インフレ率は年約2.8%。強い為替相場と物価上昇で世界で一番、生活費の高い都市に。

また、シンガポールは国内の自動車の数を制限するために、車両割当制度を導入しており、自動車の購入・維持のための費用が他の世界の都市に比べて非常に高いとしています。

シンガポールに次いで生活費が高い都市の第2位はパリ(フランス)、第3位はオスロ(ノルウェー)でした。

なお、前回、第1位だった東京は、メルボルン(オーストラリア)、ジュネーブ(スイス)、カラカス(ベネズエラ)と並んで第6位。東京が大きくランクダウンした主な理由は円安にあるようです。

その一方、世界で最も生活費が安い都市は、ムンバイ(インド)でした。次いで、カラチ(パキスタン)、ニューデリー(インド)が続きました。

世界の都市の生活費ランキング トップ9

  • 第1位 シンガポール
  • 第2位 パリ(フランス)
  • 第3位 オスロノルウェー)
  • 第4位 チューリヒ(スイス)
  • 第5位 シドニー(オーストラリア)
  • 第6位 東京(日本)
  • 第6位 メルボルン(オーストラリア)
  • 第6位 ジュネーブ(スイス)
  • 第6位 カラカス(ベネズエラ)

世界で生活費が最も安い都市ランキング トップ10

  • 第1位 ムンバイ(インド)
  • 第2位 カラチ(パキスタン)
  • 第3位 ニューデリー(インド)
  • 第4位 ダマスカス(シリア)
  • 第5位 カトマンズ(ネパール)
  • 第6位 アルジェ(アルジェリア)
  • 第7位 ブカレスト(ルーマニア)
  • 第8位 パナマ・シティ(パナマ)
  • 第9位 ジェッダ(サウジアラビア)
  • 第10位 リヤド(サウジアラビア)

参考URL