シンガポールのチャンギ国際空港が2年連続で、世界でベストな空港と評価

イギリスの旅行関連の調査会社、スカイトラックス社(Skytrax)は2014年3月26日(水)、毎年恒例の「2014年世界の空港アワード」(2014 World Airport Awards)を発表しました。

1989年に創立されたスカイトラックス社(Skytrax)は、ロンドンに拠点を置く航空産業コンサルティング・格付け会社です。

同アワードでは、「2014年世界空港ランキング」(2014 World Best Ariport)をはじめ、「国内線空港総合評価」(World’s Best Domestic Airpor)部門、「空港の清潔さ・快適さ」(Best Airport Terminal Cleanliness)部門、「飲食」(The World’s Best Airport For Dining)部門、「レジャー施設」部門など、それぞれの部門ごとのランキングも発表されています。

さて、総合第1位、つまり世界でベストな空港と評価されたのは、昨年も首位だったシンガポールのチャンギ国際空港でした。

チャンギ国際空港は、安全性、出入国管理の迅速さ、清潔さでトップクラスの評価で、同空港のショッピング施設やアメニティ施設の充実ぶりも高く評価されています。

バタフライ・ガーデン、屋上プール、映画館、スパ、ホテル、four-story slide(4階の高さからのチューブ式滑り台)などなど、まるでテーマパークのような施設の充実ぶりを誇っています。

チャンギ国際空港は、「レジャー施設」部門でもトップに輝いています。

次いで、第2位は韓国の仁川(インチョン)国際空港、第3位はドイツのミュンヘン空港が続きました。

ちなみに、上位10位の内、5つの空港が東アジアが占める結果となりました。

なお、羽田空港は前年の第9位から第6位へとランクアップ。ショッピング施設の充実、安全性、清潔さが高く評価。

2014年の国内線の空港を総合的に評価する「国内線空港総合評価」(World’s Best Domestic Airpor)部門、および「空港の清潔さ・快適さ」(Best Airport Terminal Cleanliness)部門の2部門で、第1位に評価されました。

※スカイトラックス社(Skytrax)は110カ国の128万人を対象に、サービス、ショッピング、安全、出入国管理など40近い評価項目を網羅したアンケート実施。その結果をもとに世界410の空港を評価してランキング化。

世界の空港ランキング(The World’s Best Airports 2014) トップ10

  • 第1位 チャンギ国際空港(シンガポール)
  • 第2位 仁川(インチョン)国際空港(韓国)
  • 第3位 ミュンヘン空港(ドイツ)
  • 第4位 香港国際空港
  • 第5位 アムステルダム・スキポール空港(オランダ)
  • 第6位 羽田空港(日本)
  • 第7位 北京首都国際空港(中国)
  • 第8位 チューリヒ空港(スイス)
  • 第9位 バンクーバー国際空港(カナダ)
  • 第10位 ロンドン・ヒースロー空港(イギリス)

参考URL

SKYTRAX スカイトラックス社公式サイト