2014年に行きたい海外旅行先ランキングのトップはタイ!

旅行関連の口コミを掲載している旅行総合情報サイト「フォートラベル」は2014年1月31日(金)、「2014年に行きたい海外旅行先」について調査結果を発表しました。

この「2014年に行きたい海外旅行先」調査は、フォートラベルの会員を対象に2013年12月26日~2014年1月6日の期間、実施。

世界8エリア(アジア、ヨーロッパ、北米、中南米、オセアニア、ミクロネシア、中近東、アフリカ)+「該当なし」の全9項目の中から、今年行きたいエリアを択一方式で回答。国名や詳細なエリア、過ごし方は自由記述にて回答。有効回答数は1978件です。

さて、2014年に海外旅行をしたい国のトップは「タイ」でした。「遺跡巡りをしたい」「リゾートでのんびりしたい」「ゴルフやダイビングを楽しみたい」など、旅の目的は人それぞれ、としています。

タイと言えば、2014年に入ってから連日のようにバンコクの反政府デモの様子が報道されていますが、フォートラベルが実施した年末年始の動向調査でも、「タイ」は海外旅行先の首位となっており、継続した人気が伺える、としています。

どうやら、これまで人気だった韓国・中国に代わって、タイ人気が定着しつつあるようです。

第2位は「スペイン」と「フランス」が同率でランクイン。「スペイン」と答えた人は、「サグラダ・ファミリア」を筆頭とする世界遺産が人気。「フランス」は、「美術館に行きたい」「世界遺産巡りをしたい」「ワインなど、グルメを楽しみたい」などのコメントが多かった、としています。

人気エリアは、男性に人気の「アジア」、女性に人気の「ヨーロッパ」

また、2014年に行ってみたい旅行先をエリア別にみると、最も人気なのは「ヨーロッパ」(38.2%)。次いで第2位が「アジア」(31.9%)、第3位が「北米」(12.1%)でした。 しかし、興味深いことに男女別では結果に違いがみられたとしています。

女性のトップは「ヨーロッパ」であるのことに対して、男性のトップは「アジア」でした。

女性の回答者のうち44.1%が「ヨーロッパ」と回答しており、憧れや人気の高さが伺ええます。コメントは「ショッピングを楽しみたい」「きれいな街並みの中を歩きたい」「お城を巡りたい」「スイーツを堪能したい」など。

一方、男性に人気の「アジア」は、「グルメ」に関する声が多く寄せられており、現地での食事が日本人の口に合うことが大きな魅力となっている、としています。

国別 2014年に行きたい海外旅行先ランキング トップ5

  • 第1位 タイ
  • 第2位 スペイン
  • 第2位 フランス
  • 第4位 アメリカ
  • 第4位 ドイツ

エリア別 2014年に行きたい海外旅行先 トップ3

  • 第1位 タイ
  • 第2位 スペイン
  • 第2位 フランス
  • 第4位 アメリカ
  • 第4位 ドイツ

エリア別 2014年に行きたい海外旅行先 全体(女性+男性) トップ3

  • 第1位 ヨーロッパ
  • 第2位 アジア
  • 第3位 北米

エリア別 2014年に行きたい海外旅行先 女性 トップ3

  • 第1位 ヨーロッパ
  • 第2位 アジア
  • 第3位 北米

エリア別 2014年に行きたい海外旅行先 男性 トップ3

  • 第1位 アジア
  • 第2位 ヨーロッパ
  • 第3位 北米

参考URL