2年ごとに発表されている世界経済フォーラムの「旅行・観光競争力ランキング」

ダボス会議の主催で知られる「世界経済フォーラム」(WEF、World Economic Forum)は2015年5月6日(水)、「2015年版旅行・観光競争ランキング」を発表しました。

世界141か国中、ランキングの第1位は、前回第4位だったスペインがランクアップして首位につきました。

第2位はフランス(前回第7位)、第3位がドイツ(前回第2位)でした。

ランキング上位は、欧米の国々でほぼ独占された結果となりました。

「世界経済フォーラム」は2007年から旅行・観光業の世界各国(地域)の事業環境に関する研究報告書「旅行・観光競争力レポート」(Travel and Tourism Competitiveness Report)を発表しています。

同レポートは、旅行・観光業向けに世界各国(地域)の事業環境に関する評価を、「旅行・観光競争力ランキング」として算出。各国(地域)の具体的なプロフィールや補足情報を提供しています。

ランキングの評価基準は、前回(2013年)から大きく変更されました。

具体的には、観光に関わる環境、政策、インフラ、自然・文化資源の4つのサブインデックス(Subindex)と、各サブインデックスに付随する合計14項目、さらに各項目に付随する合計90ものサブ項目ごとにランキング化されています。

国際的に公表された既存データの引用に加え、世界経済フォーラムが各国(地域)で投資判断を行う上級管理層・経営幹部を対象に実施したアンケート結果データも併用していることが特徴です。

日本の旅行・観光競争力は世界第9位、アジアではトップ!

日本は世界141か国・地域の中で第9位にランクイン。前回(2013年)の第14位から大きくランクアップしており、2007年の調査開始以来、過去最高の順位。

アジア地域ではトップとなった日本は、文化といった観光資源、安全、衛生、交通インフラなどの点で高い評価を獲得。

その一方で、価格競争などの点では低い評価でした。

2015年版旅行・観光競争力ランキング トップ30

  • 第1位 スペイン
  • 第2位 フランス
  • 第3位 ドイツ
  • 第4位 アメリカ
  • 第5位 イギリス
  • 第6位 スイス
  • 第7位 オーストラリア
  • 第8位 イタリア
  • 第9位 日本
  • 第10位 カナダ
  • 第11位 シンガポール
  • 第12位 オーストリア
  • 第13位 香港
  • 第14位 オランダ
  • 第15位 ポルトガル
  • 第16位 ニュージーランド
  • 第17位 中国
  • 第18位 アイスランド
  • 第19位 アイルランド
  • 第20位 ノルウェー
  • 第21位 ベルギー
  • 第22位 フィンランド
  • 第23位 スウェーデン
  • 第24位 アラブ首長国連邦
  • 第25位 マレーシア
  • 第26位 ルクセンブルク
  • 第27位 デンマーク
  • 第28位 ブラジル
  • 第29位 韓国
  • 第30位 メキシコ

参考URL