一般財団法人ロングステイ財団は2015年5月26日(火)、毎年恒例の「ロングステイ希望国トップ10」ランキング結果の速報版を発表しました。

それによると、日本人のロングステイ希望国の第1位は9年連続でマレーシア。次いで第2位は4年連続でタイ。第3位も4年連続でハワイという結果でした。

人気のロングステイ先第1位は9年連続でマレーシア

ロングステイ財団は2004年度から毎年「ロングステイに関する意識調査」を実施しています。

今回の調査は、2014年4月から2015年3月までに、ロングステイ財団が主催や後援したイベント、セミナーの参加者を対象としたアンケートを集計したもの。

2014年度に開催したイベント・セミナーは延べ211回、参加者総数2万1552人。有効アンケート回収は3575枚です。。

9年連続で第1位となったマレーシアは、「受入れのための査証プログラム「マレーシアマイセカンドホームプログラム(MM2H)」制度の充実度、気候、治安、医療水準の高さが背景にあります」と指摘しています。

2位のタイについては、「政情が安定化したことやLCC路線の充実も昨年以降拡大。希望先国のニーズとして高まっています」としています。

また、ハワイ、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、そしてアメリカ本土も昨年に引続きランクインしています。

なお、ロングステイ財団は今回の調査結果をまとめた「ロングステイ調査統計2015」に発売する予定です。

Petronas Twin Towers
Petronas Twin Towers / ~MVI~ (warped)

海外ロングステイ希望国 トップ10

※順位 (昨年順位) 地域。

  • 第1位 (1) マレーシア
  • 第2位 (2) タイ
  • 第3位 (3) ハワイ
  • 第4位 (4) オーストラリア
  • 第5位 (6) カナダ
  • 第6位 (5) ニュージーランド
  • 第7位 (7) シンガポール
  • 第8位 (8) アメリカ本土
  • 第9位 (7) フィリピン
  • 第10位 (10) インドネシア

参考URL