世界最大のオンライン旅行会社であるエクスペディアが先ごろ、毎年恒例の「2015年世界のベストホテルランキング」を発表しました。

同ランキングにて、今年初めて日本のホテルが2つ同時にトップ10入りを果たしました。

第1位に輝いたのは、バミューダ諸島に位置する「ロイヤルパームズ」

エクスペディアの「世界ベストホテルランキング」は、毎年グローバルで実施しているホテルランキングです。世界3万都市のホテルを対象に、200万人以上のユーザー評価を元に決定。コストパフォーマンスの高さやアメニティの質、顧客対応の良さ等が加味されています。

第1位に輝いたのは、バミューダ諸島に位置する「ロイヤルパームズ」でした。カリブ海の最北に位置するバミューダ諸島。

「ロイヤルパームズ」は、クラシックな内装の19世紀築のマナーハウスを利用したサンゴ色のホテル。

ホテルには、地中海料理とバミューダ料理を提供するレストランの他、屋外プールやバーが入っており、滞在者がゆっくりとくつろげる空間となっています。有名なカムデンビーチやエルボービーチから車で10分以内、近隣ゴルフクラブから5kmと、立地も人気の一つ。

バミューダ諸島を訪れるベストシーズンは5月~10月ごろです。

第2位はクロアチアの「セレンガ アパートメンツ」、第3位はコスタリカの「プミリオ マウンテン&オーシャン ホテル」がランクインしました。

第5位に北海道のビジネスホテル、第9位に沖縄のニューオープンホテルがランクイン!

そしてトップ10入りした日本の2つのホテルとは・・・。

第5位にランクインした北海道のビジネスホテル「ドーミーイン札幌ANNEX」、そして第9位の「沖縄ホテルオリオンモトブリゾート&スパ」です。

「ドーミーイン札幌ANNEX」は、低価格ながら、豪華な朝食バイキングに広い部屋、そして温泉付き、というコンストパフォーマンの高さが高評価に。

第9位にランクインした「沖縄ホテルオリオンモトブリゾート&スパ」は2014年7月にオープンしたばかりのリゾートホテル。

沖縄の人気観光スポット「沖縄美ら海水族館」のすぐ隣というロケーションです。

「沖縄ホテルオリオンモトブリゾート&スパ」は、沖縄には珍しく温泉を備えており、約2億年前の地層から湧き出る貴重なお湯で体を癒すことができます。

ちなみに、同ランキングにおける日本のホテルの過去最高ランキングは、2011年の「ホテルモントレ京都」の第5位です。

それだけに今年の2施設、同時のトップ10入りは快挙です。

しかも、ランクインした2つのホテルは、東京にある高級ホテルチェーンではなく、地方にあるホテルという点が注目です。

また、2つのホテルに共通しているのは大浴場。海外旅行客からも日本の大浴場は大人気のようです。

エクスペディア「2015年世界のベストホテルランキング」 トップ10

  • 第1位 ロイヤルパームズ / バミューダ諸島
  • 第2位 セレンガ アパートメンツ / クロアチア
  • 第3位 プミリオ マウンテン&オーシャン ホテル / コスタリカの
  • 第4位 ウーリーズ クラシック スイーツ / アメリカ
  • 第5位 ドーミーイン札幌ANNEX / 日本・北海道
  • 第6位 B+B エディンバラ / イギリス
  • 第7位 ホテル パノラマ / イタリア
  • 第8位 サンティヤ コ パンガン リゾート&スパ / タイ
  • 第9位 沖縄ホテルオリオンモトブリゾート&スパ / 日本・沖縄
  • 第10位 ベスト ウェスタン プレミア ヴェイネブルージェ / ベルギー

参考URL