エイビーロード「エアライン満足度調査2017」

株式会社リクルートライフスタイルの「エイビーロード・リサーチ・センター」は2017年6月27日(火)、毎年恒例の「エアライン満足度調査2017」ランキングを発表しました。

同調査によると、総合満足度ランキングの第1位は日本航空(JAL)が調査開始以来、初めて第1位に輝きました。

日本航空(JAL)が調査開始以来初めて第1位。前年1位のシンガポール航空は第4位に後退

エイビーロード・リサーチ・センターの「エアライン満足度調査2017」は、18歳以上の2016年の海外渡航経験者(日本人・出発月が2016年である海外渡航)」7,170人を対象にインターネット調査で行われたもの。

調査期間は2017年4月14日(金)~4月17日(月)で、調査回収数は4,364人(回収率:60.9%)、調査集計数は4,000人です。

※調査集計数は対象となる40社のエアラインをそれぞれの利用者が1社100人になるよう無作為抽出。

さて、総合満足度の第1位となった日本航空(JAL)は、2007年調査開始以来、初めての第1位です。

フリーコメントの抜粋を見ると、

「乗務員の機内サービス、搭乗手続きなどとても親切、スムーズで満足しました。」(60代以上・男性)

「無料で快適な機内エンターテインメントと食事を楽しめたし、不自由なことがなかったから。」(30代・女性)

と高い評価を得ています。

第2位は、前年第2位だった全日空(ANA)。第3位は、前年第4位だったニュージーランド航空で、初のベスト3入りを果たしています。

前年まで第1位だったシンガポール航空は第4位に後退しています。

格安航空会社(LCC)では、唯一「タイガーエア台湾」が第19位にランクインしていることが目を惹きます。

部門別のランキング

部門別のランキングでは、「客室乗務員の接客サービス」と「空港内の航空会社職員の接客サービス」では日本航空(JAL)が第1位。「航空機の機材、設備」ではニュージーランド航空が第1位に。

また、「機内飲食サービス」、「機内エンターテインメント」はエミレーツ航空が第1位にランクインしています。

総合満足度ランキング トップ20

※順位 (昨年順位) 航空会社名 ポイント

  • 第1位 (4位) 日本航空(JAL)
  • 第2位 (2位) 全日空(ANA)
  • 第3位 (4位) ニュージーランド航空
  • 第4位 (1位) シンガポール航空
  • 第5位 (10位) カタール航空
  • 第6位 (4位) エミレーツ航空
  • 第7位 (14位) フィンランド航空
  • 第8位 (7位) エールフランス航空
  • 第8位 (21位) ルフトハンザ・ドイツ航空
  • 第10位 (7位) タイ国際航空
  • 第11位 (13位) キャセイパシフィック
  • 第12位 (3位) KLMオランダ航空
  • 第12位 (18位) ターキッシュ・エアラインズ
  • 第14位 (17位) カンタス航空
  • 第14位 (-) LOTポーランド航空
  • 第16位 (15位) アシアナ航空
  • 第16位 (12位) エバー航空
  • 第16位 (23位) 大韓航空
  • 第19位 (-) タイガーエア・台湾
  • 第20位 (18位) チャイナエアライン
  • 第20位 (-) スカンジナビア航空
  • 第20位 (26位) デルタ航空

参考URL