英語学習サービス「iKnow!」が発表した「日本人が間違いやすいTOEFL英単語ランキング」

2013年8月1日(木)、英会話のために必要なボキャブラリーの学習に特化したクラウドベースの英語学習サービス「iKnow!」を運営するセレゴ・ジャパン(株)が、TOEFLテスト対策を目的に「iKnow!」を利用するユーザーの学習データを分析した「日本人が間違いやすいTOEFL英単語ランキング」を発表しました。

iKnow!」は英会話に必要なボキャブラリーのインプットに特化したクラウド型の英語学習サービス。日本での累計ユーザー数は100万人を突破しています。

日本人がTOEFLで間違いやすい英単語は、TOEICで見かけないネガティブワードが中心

今回の調査は、100万人以上の iKnow! ユーザーの中から「TOEFL対策全コース(基礎、リスニング、リーディング)」を学習した約5,000人の学習データを基に分析したもの。調査期間は2011年4月〜2013年5月までの学習履歴データです。

同ランキングによると、間違いやすい英単語の第1位は「disparate」(意味:まったく異なる/形容詞)。

第2位「はrevile」(意味:悪口を言う、ののしる/動詞)、第3位「furtive」(意味:コソコソした、ごまかそうとした/形容詞)でした。 次いで、第4位は「fastidious」(意味:(口)うるさい/形容詞)、第5位は「derogatory」(軽蔑的な/形容詞)。

同ランキングを品詞別にみると、間違いの英単語の上位20位中13語は形容詞。形容詞が間違いやすい傾向があることが分かりました。

また、「日本人が間違いやすいTOEFL英単語ランキング」のトップ10を見ると、その半分程度がネガティブな意味を持った単語で、上位20位にはネガティブな意味を持った単語が多くランクインしています。

前回2012年10月に発表した「日本人が間違いやすいTOEIC英単語・熟語ランキング」の調査結果とは、大きく異なる結果が出ました。

前回の調査と比較すると、日本人がいかにTOEFLでネガティブワードに弱いかがわかること、例えTOEICが高得点でもTOEFL対策では、改めて単語を習得する必要がある、と指摘しています。

日本人が間違いやすいTOEFL英単語はTOEICで見かけないネガティブワードが中心

順位 単語 意味 品詞
1 disparate まったく異なる 形容詞
2 revile 悪口を言う、ののしる 動詞
3 furtive コソコソした、ごまかそうとした 形容詞
4 fastidious (口)うるさい 形容詞
5 derogatory 軽蔑的な 形容詞
6 relentless しつこい 形容詞
7 eschew 避ける、控える 動詞
8 placate (怒りを)静める、なだめる 動詞
9 deviant 逸脱した 形容詞
10 loquacious おしゃべりな 形容詞
11 paltry 微々たる 形容詞
12 substantive 現実的な 形容詞
13 meticulously 慎重に 副詞
14 enthrall 魅了する 動詞
15 deride あざける、あざ笑う 動詞
16 reticent 無口な、控えめな 形容詞
17 varsity (学校の)代表チーム 名詞
18 ludicrous ばかげた 形容詞
19 hideous ぞっとするような 形容詞
20 discrete 個々の、別々の 形容詞

参考URL