全国の468大学を9地域に分け、ブランド・イメージ49項目で大学ブランド力をランキング化!

2013年8月日() 日経BPコンサルティングは2013年11月22日(金)、「大学ブランド・イメージ調査 (2013-2014)」の結果報告書を発行・発売しました。

今年で7年目になる同調査は、全国の468大学を9地域に分けた上で、それぞれの地域に住む有職者や、中学生以上の子どもがいる父母、教育関連従事者にインターネットで回答を依頼。

「地域産業への貢献度」や「研究施設の充実度」、また学生の「語学力」や「コミュニケーション能力の高さ」など大学や在学生へのブランド・イメージ49項目を測定して大学ブランド力(偏差値)を算出してランキング化したものです。

日経BPコンサルティングは、調査設計や分析にあたり、企業ブランドおよび製品/サービスブランドの調査で実績のある「ブランド・ジャパン」で培ったノウハウを活用し、調査するイメージ項目を洗い出した、としています。

調査期間は2013年8月1日~9月1日。有職者の有効回答数は、7,819件(首都圏編)。2013年11月22日に地域ごとの調査結果報告書を発行しています。

【首都圏編】大学ブランド・イメージ調査 2013-2014の第1位は、87.7ポイントを獲得した東京大学

「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」【首都圏編】を見ると、首都圏の主要大学120校における「大学ブランド力」第1位は、87.7ポイントを獲得した東京大学でした。

次いで第2位は早稲田大学(84.0ポイント)、第3位は慶應義塾大学(83.3ポイント)、第4位に上智大学(70.6ポイント)、第5位に一橋大学(69.5ポイント)。

公立大学の最高位は第34位の横浜市立大学(51.7ポイント)でした。

また大学のイメージについて49項目それぞれの結果を見ると、各大学「ならでは」の魅力が浮き彫りとなっています。今回の調査では、「いま注目されている、旬である」大学として、明治大学が第1位。

明治大学は、「親しみが持てる」、「広報活動に力を入れている」の各項目でも第1位を獲得。大学が発信している魅力がステークホルダーに伝わり、親しみあるイメージを持たれていることが分かります。

また、「高い専門性、専門知識を有する」では東京工業大学が第1位。「誠実である、正直である」ではお茶の水女子大学が第1位でした。

国際性を測る「グローバル/国際交流が活発」「留学生の受け入れが活発である」「語学に長けている」の3項目ではいずれも、上智大学、東京外国語大学、国際基督教大学の3校が、TOP3でした。

【首都圏編】大学ブランド力ランキング(有職者ベース)TOP20

  • 第1位 東京大学(国立)
  • 第2位 早稲田大学(私立)
  • 第3位 慶応義塾大学(私立)
  • 第4位 上智大学(私立)
  • 第5位 一橋大学(国立)
  • 第6位 お茶の水女子大学(国立)
  • 第7位 明治大学(私立)
  • 第8位 東京工業大学(国立)
  • 第9位 青山学院大学(私立)
  • 第10位 東京外語大学(国立)
  • 第11位 学習院大学(私立)
  • 第12位 国際基督教大学(私立)
  • 第13位 横浜国立大学(国立)
  • 第14位 東京理科大学(私立)
  • 第15位 立教大学(私立)
  • 第16位 法政大学(私立)
  • 第17位 津田塾大学(私立)
  • 第18位 日本大学(私立)
  • 第19位 中央大学(私立)
  • 第20位 東京電機大学(私立)

【首都圏】各ブランド・イメージ項目で第1位になった大学(49項目:有職者ベース)

【首都圏】各ブランド・イメージ項目で第1位になった大学

参考URL