オーストラリアの国際的なシンクタンク「経済平和研究所」は2016年6月8日(水)、2015年版の「世界平和度指数 グローバルランキング」を発表しました。

同指数によると世界163の国・地域の中で、世界平和度指数が最も高かったのは、アイスランド。第2位はデンマーク、第3位はオーストリアでした。日本は第9位でした。

世界平和度ランキングのトップ10の内、7カ国がヨーロッパの国々

「世界平和度指数」(Global Peace Index)は、オーストラリアのシドニーに本部を置く経済平和研究所が毎年、世界の国々の平和度をランク付けしたものです。

具体的には、世界の163の国・地域を対象に、紛争の発生率、殺人事件など凶悪犯罪の発生率、近隣諸国との関係、GDP(国内総生産)に占める軍事費の割合など23項目を基に平和の度合いを指数化してランキング化しています。

第1位となったアイスランドは常備軍を持たず、犯罪の発生率が低いことから、6年連続で第1位をキープ。 次いで、第2位にランキングされたデンマークも4年連続で第2位でした。トップ10の内、7カ国がヨーロッパの国で占められています。

日本は前年の第8位から今年は第9位へとランクダウンしています。凶悪犯罪が少ないことは高評価ですが、北朝鮮や中国と緊張関係にあることなど近隣諸国との関係がマイナス評価でした。

一方、ワースト、つまり平和度指数が最低の国は内戦が続くシリアでした。次いで、南スーダン、イラク、アフガニスタン、ソマリア、イエメンなど紛争が続いている中東やアフリカなどの国々が下位となりました。

「経済平和研究所」は、世界的には平和の度合いは落ちているとしており、世界で平和の格差は拡大していると指摘しています。

2015年版世界平和度指数 グローバルランキング

2016年世界平和度指数 グローバルランキング トップ30

  • 第1位 アイスランド 1.192
  • 第2位 デンマーク 1.246
  • 第3位 オーストリア 1.278
  • 第4位 ニュージーランド 1.287
  • 第5位 ポルトガル 1.356
  • 第6位 チェコ 1.360
  • 第7位 スイス 1.370
  • 第8位 カナダ 1.388
  • 第9位 日本 1.395
  • 第10位 スロベニア 1.408
  • 第11位 フィンランド 1.429
  • 第12位 アイルランド 1.433
  • 第13位 ブータン 1.445
  • 第14位 スウェーデン 1.461
  • 第15位 オーストラリア 1.465
  • 第16位 ドイツ 1.486
  • 第17位 ノルウェー 1.500
  • 第18位 ベルギー 1.528
  • 第19位 ハンガリー 1.534
  • 第20位 シンガポール 1.535
  • 第21位 オランダ 1.541
  • 第22位 ポーランド 1.557
  • 第23位 モーリシャス 1.559
  • 第24位 スロバキア 1.603
  • 第25位 スペイン 1.604
  • 第26位 クロアチア 1.633
  • 第27位 チリ 1.635
  • 第28位 ボツワナ 1.639
  • 第29位 ブルガリア 1.646
  • 第30位 マレーシア 1.648

参考URL