アメリカの経済誌『フォーブス』(Forbes)は2015年5月6日(水)、毎年恒例の「2015年版世界の有力企業2000社」(Forbes’ 13th Annual Global 2000: The World’s Biggest Public Companies)ランキングを発表しました。

それによると、中国工商銀行は3年連続で首位になったことを初め、中国4大銀行が第1第~第4位を独占しました。

世界有力企業2000社、中国の国有商業銀行がトップ4を独占!

『フォーブス』(Forbes)誌の「2015年版世界の有力企業2000社」ランキングは、企業の売り上げ、純利益、資産額、時価総額という4つの指標に基づいて上場企業をランキング化したもの。

同ランキングの第1位となった中国工商銀行は、国有持株企業で、3年連続でトップの座をキープしています。

第2位は昨年同様、中国建設銀行(China Construction Bank)、第3位も昨年同様、中国農業銀行(Agricultural Bank of China)でした。

そして第4位は中国銀行(Bank of China)がランクイン。昨年第9位からの大幅なランクアップです。

続いて第5位は昨年同様、アメリカのバークシャー・ハサウェイでした。バークシャー・ハサウェイは、著名な投資家であるこのウォーレン・バフェット氏が率いるグループ。今年、アメリカの最大の企業となりました。

ランキング上位トップ10の顔ぶれを見ると、中国とアメリカの企業で占められており、2年連続でトップ10を独占する形となりました。

「2015年版世界の有力企業2000社」の全体で見ると、やはりアメリカが圧倒的で、合計579社が2000入りしています。

一方、中国本土・香港地区の企業数は合計232社が2000内に入っており、初めて日本の企業の数を抜きました。

なお、日本の企業最高順位は、第11位にランクインしたトヨタ自動車でした。

フォーブス2015年版世界の有力企業2000社 トップ30

  • 第1位 Industrial & Commercial Bank of China (ICBC)  China
  • 第2位 China Construction Bank  China
  • 第3位 Agricultural Bank of China  China
  • 第4位 Bank of China  China
  • 第5位 Berkshire Hathaway  United States
  • 第6位 JPMorgan Chase United States
  • 第7位 Exxon Mobil United States
  • 第8位 PetroChina China
  • 第9位 General Electric United States
  • 第10位 Wells Fargo United States
  • 第11位 Toyota Motor Japan
  • 第12位 Apple United States
  • 第13位 Royal Dutch Shell Netherlands
  • 第14位 Volkswagen Group Germany
  • 第15位 HSBC Holdings United Kingdom
  • 第16位 Chevron United States
  • 第16位 Wal-Mart Stores United States
  • 第18位 Samsung Electronics South Korea
  • 第19位 Citigroup United States
  • 第20位 China Mobile China
  • 第21位 Allianz Germany
  • 第22位 Verizon Communications United States
  • 第23位 Bank of America United States
  • 第24位 Sinopec China
  • 第25位 Microsoft United States
  • 第26位 Daimler Germany
  • 第27位 AT&T United States
  • 第27位 azprom Russia
  • 第29位 AXA Group France
  • 第30位 Nestle Switzerland

参考URL