ビール生産量が、一番、多い国は11年連続で中国!

キリンは2013年8月22日(木)、2012年の世界主要国ビール生産量に関するレポートを発表しました。

このレポートは、ビールの楽しさ・奥深さを伝える「キリンビール大学」の内容の一環として発表されたもの。 世界各国のビール協会などに対して独自に実施したアンケート調査と最新の海外資料に基づき、2012年の世界主要国および各地域のビール生産量をまとめています。この調査は1974年分から統計を開始しています。

同レポートによると、2012年の世界ビール生産量は、前年より約177万キロリットル増(前年比+0.9%増)の約1億9070万キロリットル。1985年以降28年連続の増加となっています。

地域別に見ると、ヨーロッパ・中東・オセアニアが減少したものの、その他の地域は増加。ことにアジア地域は4年連続トップ(同+0.5%増)! ことにタイ(同+15.0%増)、ベトナム(同+7.2%増)、インド(同+5.4%増)が増加に貢献しているとしています。

国別の生産量を見てみると、トップ10の順位は昨年と変化がなく、中国が引き続き11年連続でトップでした。とはいえ、生産量の前年比は1.2%減と、23年ぶりに前年比マイナスとなりました。

次いで第2位はアメリカ(前年比1.3%増)、歳3位はブラジル(前年比1.5%増)。ブラジルは4年連続でビールの生産量が増加しており、3年連続で3位。4位ロシア(前年比2.1%減)との差を広げています。

なお、日本(前年比0.7%減)は昨年同様の7位でした。

また同レポートでは、2012年の世界ビール生産量の10年前との比較なども掲載されています。

2012年国別ビール生産量ランキング トップ25

※生産量の単位はキロリットル。生産量の次の数字は、前年比。

  • 第1位 中国 44,348,100 -1.2%
  • 第2位 アメリカ 22,952,295 1.3%
  • 第3位 ブラジル 13,400,000 1.5%
  • 第4位 ロシア 9,740,000 -2.1%
  • 第5位 ドイツ 9,461,800 -1.0%
  • 第6位 メキシコ 8,250,000 1.2%
  • 第7位 日本 5,590,845 -0.7%
  • 第8位 イギリス 4,204,900 -8.0%
  • 第9位 ポーランド 3,780,000 5.0%
  • 第10位 スペイン 3,300,000 -1.7%
  • 第11位 南アフリカ 3,150,000 2.0%
  • 第12位 ウクライナ 3,005,000 -1.5%
  • 第13位 ベトナム 2,980,000 7.2%
  • 第14位 オランダ 2,427,200 2.6%
  • 第15位 ナイジェリア 2,400,000 22.5%
  • 第16位 タイ 2,370,000 15%
  • 第17位 コロンビア 2,255,000 7.4%
  • 第18位 ベネズエラ 2,147,000 -8.6%
  • 第19位 カナダ 1,952,500 0.1%
  • 第20位 インド 1,950,000 5.4%
  • 第21位 フランス 1,900,000 -0.6%
  • 第22位 韓国 1,887,500 2.0%
  • 第23位 ベルギー 1,875,100 1.0%
  • 第24位 チェコ共和国 1,861,100 0.1%
  • 第25位 ルーマニア 1,790,000 5.9%

参考URL