総合第1位は島根県太田市、第2位は鳥取県鳥取市と中国地方の2県に!

宝島社が発行する『田舎暮らしの本』は2014年12月29日(月)に発売された2月号で「2015年版 住みたい田舎ベストランキング」を発表しました。

総合ランキングの第1位は大田市(島根県)、第2位っは鳥取市(鳥取県)、第3位は豊後高田市(大分県)。 中国地方の2県がトップ1、2を占めました。

1987年に創刊された『田舎暮らしの本』は“日本で唯一”の田舎暮らし月刊誌。全国各地の物件情報や、田舎暮らしに必要なハウツーを紹介。お仕事情報など、実際の移住者レポートを交え、田舎暮らしに役立つ具体的な情報を発信しています。

今回で第3回目を迎える「住みたい田舎ベストランキング」は、定住促進に積極的な自治体、295市町村を対象に、10ジャンル全95項目のアンケートを実施して、「田舎暮らしに最適な自治体をランク付けしたもの。

アンケート項目は、田舎暮らしの実現に重要なポイントとなる「自然環境」「移住者支援制度の充実度」「子育てのしやすさ」「医療介護体制の充実度」などを設定した、としています。

さて、同ランキングの総合第1位となった島根県大田市は、「移住者支援制度が充実」「就職・就農支援が手厚い」「子育てのしやすい環境」などの理由から選出されています。

なお、第2位の鳥取県の鳥取市との点数差は、わずか1点。

トップ1、2とも、同じ中国地方なうえ、位置的にも隣合わせとなっています。

2月号の紙面には、総合ランキングの他、読者ニーズに合わせ「子育て世代にぴったりな田舎」(第1位 長野県伊那市や、「シニア世代が暮らしやすい田舎」(第1位佐賀県武雄市、「週末に通える田舎」(第1位千葉県館山市)など、合計7つの部門別ランキングも発表されています。

なお、紙面の一部は、下記のサイトから読むことができます。

田舎暮らしの本 2015年 02月号

田舎暮らしの本 2015年 02月号

総合ランキング トップ5

  • 第1位 大田市(島根県)
  • 第2位 鳥取市(鳥取県)
  • 第3位 豊後高田市(大分県)
  • 第3位 薩摩川内市(鹿児島県)
  • 第5位 武雄市(佐賀県)

参考URL