アジアで最も人気があるGoogleストリートビューの場所はダントツで日本!

グーグルのストリートビューのプログラムマネージャー、ウルフ・スピッツァー(Ulf Spitzer)氏は2014年1月29日(水)、グーグルの公式ブログの記事、 「 The world’s virtual tourists rush to Japan」 で、アジアにおけるストリートビューの人気スポットを明らかにしています。

グーグルの人気Webサービスの一つであるグーグル・ストリートビュー(Google Street View)は、2007年にスタートして以来、着々と閲覧できる地域を拡大。

当初、アメリカの主要都市のみ対応していましたが、現在はパリ、ロンドン、ニューヨーク、トロント、東京といった日本の主要都市はもちろん、シンガポール、インドネシア、タイなどもカバーしています。

グーグル・ストリートビューを使えば自宅に居ながらにして、世界各地を“バーチャル観光旅行”気分を味わうことができます。

そんなバーチャル旅行のアジアにおける人気スポットの第1位は富士山でした。

次いで、第2位が端島(軍艦島)、第3位が道頓堀、第4位が広島の原爆ドーム、第5位が大阪城、第6位が六本木ヒルズ森タワーと、上位を日本が独占しています。

ようやく第7位に、宮崎駿のアニメ作品『千と千尋の神隠し』のモデルになったとも言われている台湾の九份老街がランクインしています。

興味深いのは、ウルフ・スピッツァー(Ulf Spitzer)氏のブログ記事でも触れているように、リアルな現実世界では人気があるわけでは無いスポットが、“バーチャル観光”では人気を呼んでいるケースがあることです。

なお、同記事には、アジアにおけるストリートビューの人気スポットの他、日本における人気スポット、シンガポールにおける人気スポット、台湾における人気スポット、香港における人気スポット、タイにおける人気スポットも掲載されています。

アジアにおけるグーグル・ストリートビュー人気スポット トップ9

  • 第1位 富士山
  • 第2位 端島(軍艦島)
  • 第3位 道頓堀
  • 第4位 原爆ドーム
  • 第5位 大阪城
  • 第6位 六本木ヒルズ森タワー
  • 第7位 九份老街(台湾)
  • 第8位 マリーナベイ・サンズ(シンガポール)
  • 第9位 由布院

参考URL