訪日外国人旅行者の間で東京・大阪・京都は不動の人気。沖縄の各都市が人気上昇!

大手オンラインホテル予約サイトのHotels.com(ホテルドットコム)は2014年1月29日(水)、2013年訪日外国人の人気滞在先 トップ20を発表しました。

Hotels.com は、国際的ホテルチェーンから格安のゲストハウスまで、世界約240,000軒の宿泊施設の予約を行う世界最大手のオンライン宿泊予約サイトです。

さて、同ランキングによると、2013年訪日外国人の人気滞在先のトップは東京。次いで第2位は大阪、第3位は京都でした。

これらのトップ3は前回と同じで、東京・大阪・京都が不動の人気を誇っています。

次いで第4位も前回と同じく福岡と、ほとんどが前年と同様の顔ぶれとなりました。

また、第8位の成田、第14位の泉佐野も前回同様、人気。深夜早朝便の多いLCCの利用客が宿泊していると見られます。

そんな中、変化が見られたのが沖縄。第5位に、前回第7位だった那覇がランクインしています。

さらに、前回第20位だった沖縄の恩納は今回第13位にランクアップ。沖縄の北谷も、圏外から今回第15位にランクインしています。

なお、日本政府観光局(JNTO)によれば、2013年の訪日外国人旅行者は、初の1,000万人を超えを達成しています。 その理由として、円安に加えて、東南アジア諸国の査証緩和措置やLCCなどの新規就航が訪日外国人の増加であると分析しています。

Hotels.com(ホテルドットコム)によると、実際、欧米の他、中国を除くアジア諸国の渡航先ランキングで東京をはじめとする日本の都市がランクアップまたは、ランクインしている、としています。

2013年訪日外国人の人気滞在先 トップ20

  • 第1位 東京
  • 第2位 大阪
  • 第3位 京都
  • 第4位 福岡
  • 第5位 那覇
  • 第6位 札幌
  • 第7位 名古屋
  • 第8位 成田
  • 第9位 横浜
  • 第10位 神戸
  • 第11位 広島
  • 第12位 浦安
  • 第13位 恩納(沖縄)
  • 第14位 泉佐野
  • 第15位 北谷(沖縄)
  • 第16位 長崎
  • 第17位 函館
  • 第18位 金沢
  • 第19位 奈良
  • 第20位 吹田

参考URL