総合ランキングではグーグルが4年連続で1位 上位圏でメーカ―復権の兆し

総合人材サービスの株式会社インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」 http://doda.jp がビジネスパーソン4,000人を対象に行った「DODA転職人気企業ランキング2013」が、さる6月に発表されました。

この調査は、22~34歳のホワイトカラー系職種の正社員・契約社員に就業中の男女4,000人にインターネット調査で行われたもので、調査期間は2013年3月27日~31日です。

総合ランキングでは、4年連続でグーグルが第1位をキープした他、第2位のトヨタ自動車、第3位のソニーも含めて、不動のトップ3となりました。

ただし、昨年は第1位と第2位の得票数に2倍近い開きがありましたが、今年はトヨタ自動車が得票数を伸ばし、グーグルへ1票差まで迫っています。

そのほか、23位から7位へとランクアップした本田技研工業、18位から10位にランクアップした武田薬品工業、30位から19位とランクアップした日立製作所など、今年は日系メーカーの躍進が目立ちます。

今年は特に円安やアベノミクス効果による日本経済復活の兆しなど、メーカーに追い風が吹いていると見える面も多く、特に多くの支持が集まったものと推察される、としています。

今回、順位が急上昇した企業には、BtoC領域で高いブランド力をもつ企業が目立ちます。例えば、楽天(13位→5位)やクックパッド(79位→29位)、アマゾン ジャパン(70位→32位)などのECサービス系企業です。

また、オリエンタルランド(8位→4位)、スターバックス コーヒー ジャパン(48位→27位)なども大きくランクアップしています。

特に日本最大のレシピサイトを運営するクックパッドは、メインユーザーと推測される女性の支持が高いのが特徴的でした。

DODA転職人気企業ランキング2013 トップ10

※企業名の後の()内の数字は全開の順位

  • 第1位 グーグル(1)
  • 第2位 トヨタ自動車(2)
  • 第3位 ソニー(3)
  • 第4位 オリエンタルランド(8)
  • 第5位 楽天(13)
  • 第6位 資生堂(6)
  • 第7位 本田技研工業(Honda)(23
  • 第8位 全日本空輸(ANA)(11)
  • 第9位 リクルートホールディングス(12)
  • 第10位 武田薬品工業(18)

業種別ランキングでは、日系の有名企業が上位に 金融では日系メガバンクが人気

業種別のランキングでは、上位企業に大きな変動はありませんでした。日本経済全体が底上げ基調にある中、日系の有名企業のランクアップが目立っています。

金融業界では、三菱東京UFJ銀行が昨年に続いて第1位だった他、昨年上位にあった保険、証券を抑えて、みずほ銀行が第2位、三井住友銀行が第4位へ浮上しています。

そのほか、メディカルでは外資系企業が順位を下げ、ロート製薬やテルモなどの日系企業がランクアップしています。

また、小売/外食についてはスターバックス コーヒー ジャパン(2位→1位)、アマゾン ジャパン(ランク外→2位)と、外資が1、2位を獲得しました。

前者はハイクオリティな接客サービス、後者は圧倒的利便性を誇るECサービスと、明確な強みを持っている点が転職希望者にも強くアピールしているようです。

IT/通信/インターネット トップ10

  • 第1位 グーグル
  • 第2位 楽天
  • 第3位 アップルジャパン
  • 第4位 日本マイクロソフト
  • 第5位 NTTデータ
  • 第6位 日本アイ・ビー・エム
  • 第7位 クックパッド
  • 第8位 ヤフー
  • 第9位 ソフトバンク
  • 第10位 サイバーエージェント

メーカー トップ10

  • 第1位 トヨタ自動車
  • 第2位 ソニー
  • 第3位 資生堂
  • 第4位 本田技研工業(Honda)
  • 第5位 タニタ
  • 第6位 任天堂
  • 第7位 サントリーホールディングス
  • 第8位 花王
  • 第9位 日立製作所
  • 第10位 未来工業

商社/流通 トップ10

  • 第1位 三菱商事
  • 第2位 三井物産
  • 第3位 伊藤忠商事
  • 第4位 住友商事
  • 第5位 丸紅
  • 第6位 豊田通商
  • 第7位 日本GE
  • 第8位 片岡物産
  • 第9位 双日
  • 第10位 兼松

メディア トップ10

  • 第1位 リクルートホールディングス
  • 第2位 電通
  • 第3位 フジテレビジョン
  • 第4位 集英社
  • 第5位 講談社
  • 第6位 エイベックス・グループ・ホールディングス
  • 第7位 博報堂
  • 第8位 東宝
  • 第9位 日本放送協会(NHK)
  • 第10位 TBSテレビ

金融 トップ10

  • 第1位 三菱東京UFJ銀行
  • 第2位 みずほ銀行
  • 第3位 ゴールドマン・サックス・ジャパン・ホールディングス
  • 第4位 三井住友銀行
  • 第5位 東京海上日動火災保険
  • 第6位 野村證券
  • 第7位 オリックス
  • 第8位 アフラック
  • 第9位 日本生命保険
  • 第10位 ジェーシービー

メディカル トップ10

  • 第1位 武田薬品工業
  • 第2位 アステラス製薬
  • 第3位 ロート製薬
  • 第4位 テルモ
  • 第5位 大塚製薬
  • 第6位 エーザイ
  • 第7位 第一三共
  • 第8位 ファイザー
  • 第9位 シスメックス
  • 第10位 ノバルティス ファーマ

建設/不動産 トップ10

  • 第1位 三井不動産
  • 第2位 鹿島建設
  • 第3位 日建設計
  • 第4位 住友林業
  • 第5位 大和ハウス工業
  • 第6位 清水建設
  • 第7位 積水ハウス
  • 第8位 住友不動産
  • 第9位 三菱地所
  • 第10位 森ビル

小売/外食 トップ10

  • 第1位 スターバックス コーヒー ジャパン
  • 第2位 アマゾン ジャパン
  • 第3位 イオン
  • 第4位 良品計画
  • 第5位 セブン-イレブン・ジャパン
  • 第6位 フェリシモ
  • 第7位 日本マクドナルド
  • 第8位 ワタミ
  • 第9位 ジュンク堂書店
  • 第10位 ファミリーマート

サービス トップ10

  • 第1位 オリエンタルランド
  • 第2位 全日本空輸(ANA)
  • 第3位 東日本旅客鉄道(JR東日本)
  • 第4位 ベネッセコーポレーション
  • 第5位 ジェイティービー(JTB)
  • 第6位 日本航空(JAL)
  • 第7位 東海旅客鉄道(JR東海)
  • 第8位 マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパン
  • 第9位 西日本旅客鉄道(JR西日本)
  • 第10位 JX日鉱日石エネルギー

参考URL