世界で最も評価の高い航空会社を評価する「World’s Best Airlines」でエミレーツ航空が1位!ANAも4位にランクイン / 2013年6月18日(火)

イギリスの航空サービスリサーチ会社、スカイトラックス社(SKYTRAX)は、2013年6月18日(火)にパリで開催中のエアショーにて、2013年ワールド・エアライン・アワード(The World Airline Awards)の受賞式典を行いました。

エミレーツ航空が、2013年世界で最も優れた航空会社( World’s Best Airline )を受賞しました。

1989年に創立されたスカイトラックス社は、英国ロンドンに拠点を置く航空産業コンサルティング・格付け会社です。

スカイトラックス社のワールド・エアライン・アワード(The World Airline Awards)は、200社を超える航空会社を対象に、スカイトラックス社独自のWEBアンケートなど各種顧客調査に基づいて判断してランキング化。1年に1回評価・表彰が行われます。

ワールド・エアライン・アワードは、毎年、世界で最もすぐれた航空会社(World’s Best Airline)として「Airline of the Year」(エアライン・オブ・ザ・イヤー)を発表しています。

また、空港サービス全般を評価する「World’s Best Airport Services」や、あるいは世界で最も優れた格安航空会社を評価する「Best Low-Cost Airlines」など、多岐に渡る各部門ごとのランキングも発表されます。

今年、冒頭で触れたように、世界で最も評価の高い航空会社「Airline of the Year」(エアライン・オブ・ザ・イヤー)のランキング第1位に輝いた航空会社は、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを拠点とするエミレーツ航空。 

また、昨年同様、今年もアジアの航空会社は高い評価を得ています。第3位にランクインしたシンガポール航空に続き、全日空(ANA)が第4位にランクイン。ベスト10の内、実に5社がアジアの航空会社となっています。

ちなみに、全日空(ANA)は、空港サービス全般を評価する「World’s Best Airport Services」と、機内客室の清掃全般を評価する「Best Aircraft Cabin Cleanliness」の2部門で、最も優秀と評価されたエアラインに選ばれています。

2013年世界で最も優れた航空会社( World’s Best Airline )のTop 10

  • 第1位 エミレーツ航空(UAE・ドバイ)
  • 第2位 カタール航空(カタール)
  • 第3位 シンガポール航空(シンガポール)
  • 第4位 全日本空輸(日本)
  • 第5位 アシアナ航空(韓国)
  • 第6位 キャセイパシフィック航空(香港)
  • 第7位 エティハド航空(UAE・アブダビ)
  • 第8位 ガルーダインドネシア航空(インドネシア)
  • 第9位 トルコ航空(トルコ)
  • 第10位 カンタス航空(オーストラリア)

参考URL