2009年に他界してからも、2013年に1億4,000万ドル(約150億円)もの収益を上げたマイケル・ジャクソン他、死後も莫大な利益を稼い出すセレブ達

アメリカの経済誌「フォーブス(Forbes)」誌は2014年10月15日(水)、「死後最も稼いだ有名人ランキング」(Top Earning Dead Celebrities 2014)を発表しました。

同ランキングによると、マイケル・ジャクソンが2年連続トップに輝きました。 2009年6月にプロポフォール中毒が原因で他界したマイケル・ジャクソンは、2013年には1億4,000万ドル(約150億円)もの収益をあげた模様。

具体的には、シルク・ド・ソレイユの「イモータル」や「ワン」のショー、ソニーATVミュージック・パブリッシングから出版されたカタログからの利益の半分、Mijacのカタログ、死後に出されたアルバム「エスケイプ」の売り上げ、など。

この「死後最も稼いだ有名人ランキング」は、「フォーブス」誌が遺産管理者や弁護士、ライセンサーに連絡を取り、それぞれの年収を推定したもの。過去130年に活躍したこの有名人達が2013年と2014年において稼ぎ出した総額は、3億6,350万ドル(約388億円)とはじき出しています。

さて、マイケル・ジャクソンに次いで第2位にランキングされたのは、1977年に他界したエルヴィス・プレスリー。マイケルの収益の半分以下となる5,500万ドル(約58億円)。

第3位には、漫画家のチャールズ・モンロー・シュルツ(Charles Monroe Schulz)が4,000万ドル(約42億円)でランクインしています。チャールズ・モンロー・シュルツと言えば、日本でも安定した人気を持つスヌーピーやチャーリー・ブラウンなどが登場する漫画『ピーナッツ』の作者として知られています。

第4位は、生前マイケルとも友人関係にあったエリザベス・テイラーが2,500万ドル(約26億円)でランクイン。2011年に亡くなったエリザベス・テイラーは、翌年の2012年には同ランキングのトップとなっています。

第5位には、レゲエ界の伝説、ボブ・マーリーが2,000万ドル(約21億円)でランクインしています。

第6位は、永遠のセックスシンボルとも言えるマリリン・モンローが1,700万ドル(約18億円)でランクイン。

第7位はジョン・レノン(1,200万ドル / 約13億円)、第8位はアルベルト・アインシュタイン(1,100万ドル / 約12億円)、 第9位は、絵本作家・漫画家のセオドア・ガイゼル、カンフー映画でお馴染みのブルース・リー、俳優のスティーブ・マックイーン、同じく俳優のジェームス・ディーン、そして、モデルのベティ・ペイジとさまざまなジャンルで活躍した5人が900万ドル(約9億6,000万円)でした。

死後最も稼いだ有名人ランキング 2014年

  • 第1位 マイケル・ジャクソン 1億4,000万ドル(約150億円)/ 2009年6月25日死去
  • 第2位 エルヴィス・プレスリー 5,500万ドル(約58億円)/ 1977年8月16日死去
  • 第3位 チャールズ・シュルツ 4,000万ドル(約42億円)/ 2000年2月12日死去
  • 第4位 エリザベス・テイラー 2,500万ドル(約26億円)/ 2011年3月23日死去
  • 第5位 ボブ・マーリー 2,000万ドル(約21億円)/ 1981年5月11日死去
  • 第6位 マリリン・モンロー 1,700万ドル(約18億円)/ 1962年8月5日死去
  • 第7位 ジョン・レノン 1,200万ドル(約13億円)/ 1980年12月8日死去
  • 第8位 アルベルト・アインシュタイン1,100万ドル(約12億円)/ 1955年4月18日死去
  • 第9位 セオドア・ガイゼル 900万ドル(約9億6,000万円)/ 1991年9月24日死去
  • 第9位 ブルース・リー 900万ドル(約9億6,000万円)/ 1973年7月7日死去
  • 第9位 スティーブ・マックイーン 900万ドル(約9億6,000万円)/ 1980年12月30日死去
  • 第9位 ベティ・ペイジ 900万ドル(約9億6,000万円)/ 2008年12月11日死去
  • 第13位 ジェームス・ディーン 900万ドル(約9億6,000万円)/ 1955年9月30日死去

参考URL