「スパム送信国ワースト 12」(2013年4月~6月)の第1位はアメリカ

2013年7月18日(木) 、法人向けのセキュリティ・アンド・データプロテクションのソフォス株式会社が2013年4月~6月の「スパム送信国ワースト 12」を発表しました。

同社のニュースリリースによると、米国がワースト第1位を維持していますが、ベラルーシが第2位へと大きく順位を上げました。

また、新しくランクインした3カ国はウクライナ、カザフスタンとアルゼンチン。今回、フランス、ペルー、韓国は「ワースト 12」にランクインしませんでした。日本は第23位(1.3%)でした。

なお、最近の多くのスパムは間接的に配信される傾向にあるため、同ランキングはスパマーが存在する国を特定しているわけではない、としています。

スパム配信国ワースト 12(2013年4月~6月)

  • 第1位 米国 13.8%
  • 第2位 ベラルーシ 11.7%
  • 第3位 中国 5.9%
  • 第4位 ウクライナ (新たにランクイン) 5.5%
  • 第5位 台湾 3.6%
  • 第6位 インド 3.6%
  • 第7位 スペイン 3.4%
  • 第8位 カザフスタン (新たにランクイン) 3.3%
  • 第9位 アルゼンチン (新たにランクイン) 3.1%
  • 第10位 イタリア 2.9%
  • 第11位 ロシア 2.6%
  • 第12位 ドイツ 2.5%

人口比率で見たスパム配信国ワースト 12(2013年4月~6月)

また、今回のレポートから各国の「人口比率から見たスパム配信国ワースト12」も発表されています。このランキングは、スパムの配信に利用されたコンピュータを国別に統計を取ったものです。

人口比率によるランキングでは、第1位がベラルーシ(13.8%)、第2位がカザフスタン(11.7%)、第3位がウルグアイ(5.9%)となっています。

また、これまではスパム配信量のみのランキングではランクインしていなかったルクセンブルグやシンガポールなどがランクインしています。

  • 第1位 ベラルーシ 13.8%
  • 第2位 カザフスタン 11.7%
  • 第3位 ウルグアイ 5.9%
  • 第4位 台湾 5.5%
  • 第5位 ウクライナ 3.6%
  • 第6位 ルクセンブルク 3.6%
  • 第7位 ブルガリア 3.4%
  • 第8位 マケドニア 3.3%
  • 第9位 チリ 3.1%
  • 第10位 アルゼンチン 2.9%
  • 第11位 スペイン 2.6%
  • 第12位 シンガポール 2.5%

参考URL